8月の営業日

8月第一週目を休業させていただきましたが、新型コロナウィルスの感染者数は高い数値で安定してしまっている状況です。このため第二週目(8月8日)、第三週目(8月15日)も店舗営業は休ませていただき、第四週目の8月22日以降については状況の推移を考えたいと思っています。
*メールや通販でのご対応は行っております。
ご不便をお掛けしますが、状況は好転する様子は見えず我慢の時になってしまっています。早く店頭で語り合える日が来ると良いのですが…よろしくお願いいたします。

臨時休業と8月営業日のお知らせ

小池都知事から7月23日からの4連休中の外出自粛の要請があったことに伴い、7月25日(土)は休業とさせていただきます。鉄道模型店なので「不要不急ではない」と言い切る自信がありません💦

また8月の営業日ですが劇的に状況が改善されるとは思えないため、第一週目の8月1日(土)も休業させていただき、第二週目以降については状況の推移を見て営業日を考えたいと思っています。
*メールや通販でのご対応は行っております。
ご不便をお掛けしますが、状況を甘く見ずに全員の力と我慢で、今回の感染拡大を終結させたいと思います。よろしくお願いいたします。

WWから5500コンテナ搭載のチキ5000が登場

 Wester Wieseから5500コンテナ(5000形5500番代)搭載のチキ5500(後のコキ5500)キットが登場します。亀甲の5000コンテナと並び「たから」運行開始時に製造された最初の量産コンテナのひとつが5500で、屋根の肩に小さなRが付いているのが特徴です。構造的に弱かったと言われていますが、新色になったものも存在するので案外長く使用されたコンテナでした。

 製品のプロトタイプは初期量産車のチキ5500~5573、その後のチキ5574~5601も同じ外観を持っており、更にチキ5602~6333 も台枠の穴が一個少ないなど、ほぼ同じ外観を持っています。実車同様デッキ部への踏段は初期の物と、後に改造された大形の物が選択出来る仕様
 また、5500コンテナを5個搭載するタイプ以外に6000コンテナと7000コンテナを搭載したタイプも再生産、今回は1輛入りと2輛入りの2種が用意されています。5500コンテナはブラス製、他のコンテナはプラスチックインジェクションとなります。

 最も華やかだった時代の1種コンテナ5個積みの状態では台枠以下は見えなくなってしまうため、製品ではこれまでのチキ/コキ同様に本来存在しない床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。両タイプ共に各コンテナが5個付属します。

Wester Wiese製チキ5500キットをご希望の方は8月2日までにご希望のタイプや個数をEメールにてお知らせ下さい。発売は9月初旬頃を予定しています。*キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。

7月の営業日ご案内

6月はまだ27日(土)の営業がありますが、7月の営業日のご案内です。
6月は毎週土曜日に営業させていただきましたが、皆さんのご協力で密になることもなく平穏無事に営業できたのではないかと思います。7月も6月同様に営業予定です。

7月4日(土) 13:00〜17:00
7月11日(土)13:00〜17:00
7月18日(土)13:00〜17:00
7月25日(土)13:00〜17:00

6月同様、以下、お客様へのお願いです。
1) 体調のすぐれない方の来店はご遠慮ください。
2) マスク着用をお願いします🙇🙇 入口に消毒液を用意しますので入店時に手の消毒をお願いします。
3) 店内でお客様同士の距離が保てない場合は入口のソファーで店内に余裕が出来るまでお待ちいただく場合があります🙇🙇
4) お客様同士で意識の差もあるため、店主の指示があった場合はご協力をお願いします。
*工房ひろ月井さんの店頭相談会はもう少し事態が落ち着いた時点で再開させていただくようにいたします。

Wester Wieseキハ11キットのお知らせ

Wester Wieseの10系気動車シリーズにキハ11キットが登場です。増結用だったキハ10に対し、単行運用のために便所を設置したのがキハ11で、後のキハ20以降の両運気動車の標準となりました(除:キハ30)。この便所の設置のために助手席側の乗務員室扉が極端に前方へ寄せられています。模型では。このために専用前面製作ですね。
今回発売のキハ11は2タイプ。Aタイプ25輛のうち1〜16は1955(昭和30)年末から1956年(昭和31)年初頭に道北に新製配置され、後続の寒地対策を強化したキハ11 100番代とともにキハ22投入まで北海道で使用されました。17〜は1956年(昭和31)年夏に製造。北海道から転属した初期製造車と合わせて東日本を中心に一部は西日本で運用されました。価格は52,000円+税となります。

Bタイプは1956(昭和31)年夏以降の製造で同年度のキハ17同様、警笛が屋根上へ、運転台の通風器が屋根上から前面窓下へ、デッキ上の通風器が両押込式に、便所窓をHゴム化し通風器を新設、便所部分のウインドシルの廃止など、細部が変化しています。単行用なので、本州、四国、九州いずれの地域のローカル線で目にすることが出来ました。価格は53,000円+税となります。

Wester Wieseキハ11キットはイモンギア、IMONNミニモーターなどが別途購入となります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。また別売のキハ11/12椅子セットは4,100円+税となります。キット購入ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールにて6月30日までにご予約ください。またご希望の方は椅子セットも同時にご予約ください。たくさんのご予約、お待ちしています。

列車工房C53キット予約受付開始です(受付終了しました)

かねてから製作途中が報告されていた列車工房のC53キットの予約受付を始めました。前期型でテンダーは17立米と20立米の2種類です。
*試作品は20立米テンダー。細部で本製品と異なる部分があります。

この試作品にはキット以外に右表のパーツが使用さており、本製品でも同様なものの別購入が必要となります。

C53予約受付品




列車工房製C53は注文生産となります。製品ご希望の方はコチラを御一読の上、品番、品名を明記の上、7月3日(金)までにEメールでお申し込みください。*それ以前でも製造予定数に達した場合は予約を締め切ることがあります。
6月12日追記: 列車工房製作予定数に達したため、予約受付を終了させていただきました。