WWチキ5000(コキ5000)キットのお知らせです

 もうひとつのコンテナ車の王様の登場であります。*個人の感想です。
 無蓋車搭載はともかく、日本初のコンテナ車として昭和34年に華々しく登場したチキ5000の製品化です。魚腹が側梁と側板を兼ねた今日にまで続くパッケージングの第一弾で、EH10の牽引する「たから」は絵本に必ず登場しましたね。
■5100コンテナ搭載車

「たから」は次々と増発されましたが、「第一たから」はチキ5000だけの編成でエースの風格十分でした。昭和40年にコンテナ車は「チ」から「コ」へ標記が代わり、チキ5000もコキ5000に変更。翌41年には全車コキ5500へと改造されて形式消滅となりました。
■6000コンテナ搭載車

5100! これを満載した列車こそコンテナ列車の刷り込み

 台車はオリジナルTR63。やはり両抱きブレーキは威厳があって良いです。突放を考慮していないため、後のコンテナ車のようなデッキはなく、側梁につく手ブレーキは国鉄時代はチキ5000だけの装備でした。「たから」の主力コンテナは5000個以上も量産された6000ですが、独特な形態で国鉄広報写真で我々が刷り込まれた5100もついに発売されます。ロストで…とか妄想したことはありますが、重量を考えると、これはインジェクションじゃないと成立が厳しいコンテナですね。ついに出るんだなぁと感慨無量であります。

 既発売のコキ10000、5500後期形同様、コンテナ5個積みで台枠は見えなくなってしまうため、製品では床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。両タイプ共に各コンテナが5個付属。発売は4月上旬頃を予定しています。価格は5100コンテナ搭載車2輌セットが49,000円+税、6000コンテナ搭載車2輌セットが45,000円+税になります。ご予約ご希望の方はコチラを一読の上、Eメールで2月25日までにお申し込みください。

1/87コキ19000キットの予約受付を開始しました






 コンテナ貨車の王様の登場です!*個人の感想です
 コキ19000は20ftコンテナを搭載するフレートライナー用として1969年に製作されました。海上コンテナと同じ規格を持つC900、C901などの20ftコンテナと10ftコンテナ両方を搭載可能とし、さらに40ftも積んでやろうという着脱式の締結装置を開発。海上コンテナが10ft用締結装置を跨いで搭載されるため、全高を限界内に収めるように車体はコキ10000より90mmローダウンされています。完成と同時に20ftコンテナの需要がある汐留~梅田間に投入され、後に汐留~東広島間でいずれもコキ10000と一緒に組成されました。

 製品は3輌セットになりますが、試作要素の大きいC900系のコンテナはエッチング+ロストです。片開きコンテナのC900は天枠の太いものと細いものの2種類。両開きのC901は鋲接、溶接、鋲溶接の3種類。C900の天枠の太いタイプが2つ入るので合計6個です。10ftコンテナはプラ製の6000が付属します。

 コキ19000はコキ10000と異なりコンテナ搭載状態で台枠が見えるため、床板をカットして取り付けるための台枠パーツと、さらに凝りたい方のために空気配管と電気配管の図面が付属します。20ft用締結装置は多数派だったツイストロック。価格は3輌セットで76,000円+税となります。

 また今回はコキ19000と組成するために必要なコキ10000、コキフ10000も再生産します。前回製作したタイプはすべて製作可能ですが、再掲するにはタイプが多すぎるため、詳細や金額は前回の広告をご覧ください。

コキ19000/コキ10000/コキフ10000をご予約希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで2月7日までにお申し込みください。

1/87セキ1キットの続編を作ります

 炭礦鉄道を充実させたくておっかなびっくり作ったセキ1ですが、同好の士も少なくないんだなぁとちょっと嬉しくなりました。でも発売した直後から「バリエーションを作れ!」と、けっこう責められて(?)ます。というわけで年末からお正月休みに続編をしこしこやっておりました。これで私の8100や9200は大喜びしてくれそうですが…(^^;)

 今回は開戸に補強アングルが残った仕様をCタイプとして製作。この補強はセキ1前期型(というか前身のオテセ9500の9500〜9625ですね)製造時の特徴ですが、傷みやすい部位なので長年の間に交換されて戦後まで残ったのはごくわずか。しかもこのCタイプは妻板がオテセ9500→11000改造時の木製増炭板のままです。西尾さんの写真集では見たけど、こんなのが戦後までいたのか? という疑問はごもっとも。ところが…小樽の星良介氏は多くの道内の写真を残されていますが、氏が日曹天塩の一坑で撮影された国鉄標記のセキ126がこの仕様でした。嬉しくなりますね。

セキ1 Cタイプ
側開戸の補強までつくとハリネズミみたいです


 一方、Dタイプは後期型。前回作った後期型のBタイプとは側板補強が異なり、妻板はこいつも木製増炭板です。こんなのもいたんですねぇ。星氏が上芦別の辺渓で撮影されています。後の美唄のセキ4でしょうか? このセキが9200やヤドカリのB6に牽かれたのを想像すると楽しい限りであります。

セキ1Dタイプ
オセテ11000改造時の木製増炭板は独特ですね

 セキ1は開閉する側開き戸のヒンジ数も興味深く、オリジナルのオテセ9500のメーカー竣工写真ではなんと3個。ただしこれはテスト的な要素もあって5個、7個にもできるようになっていたようで、初期車は7個で落ち着きましたが後天的に9個になった例もかなりあります。一方、後期車は最初からセキ600以降と同じ9個。今回の製品ではCタイプが7個、Dタイプが9個です。

 価格はCタイプとDタイプ各1輌の2輌セットで48,000円+税。当店製品の例に習って真鍮線、ビス、カプラーなどが含まれていません。ご希望の方はコチラを御一読の上、1月22日(月)までにEメールで info@fabtrains.com までお申し込みください。発売は2月末〜3月初めを予定しています。

びっくり! 松川さんさすがぁ(^.^)

松川さんが早くもセキ1を完成! しかもAタイプ、Bタイプ揃ってレタリングまで入って石炭も積んでます〜😵

それにしてもけっこうなお手前。自分でキットを作りながらも感心カンシン。こうやって作っていただくと元気が出ますね! 気をよくしてセキ1の続編の図面も進めています。近々公表させていただきますよ〜。松川さんの製作記は幌歌内ブログ にて!

1月の店舗営業日です

1月は時間が取れるのでマジメに営業します!
1月6日(土)13:00〜17:00
1月13日(土)13:00〜17:00 *工房ひろ月井さん出勤日(^.^)
1月20日(土)13:00〜17:00
1月26日(金)15:00〜19:00
1月27日(土)13:00〜17:00

1/87 スロ34(30750)キットのご案内です

「富士」「燕」に欠かせない二等座席車、スロ34(30750)がWester Wiese/列車工房から登場です。
給仕室と二つの便所を持ち、シートも転換式と豪華な内容を持ち、10輌が製造されました。その後に製造された丸屋根の30770とともに昭和16年にスロ34にまとめられた戦前の特急には欠かせない形式です。







価格は36,000円+税となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで1月28日までにお申し込みください。発売は3月を予定しています。