「ワム」の元祖、ワム1キットを製作します *5月19日更新

有蓋車キット第二弾は初の15t有蓋車として「ワム」の元祖となった鉄道院/鉄道省最初の標準型有蓋車ワム1です。前回製作のワム3500の母体でもあります。
大正3年のワ19780と大正4年から6年にかけて製造されたワム23000を昭和3年の車両称号規程改正時に統合したもので、標準型の面目躍如の1700輌超。広軌化計画前のワム1は短軸のために台枠幅が狭く、台枠補強も長軸のワム3500とは大きく異なります。製品は車幅拡大のワム23000から改称された1600輌のグループ。ワム3500同様様々な形態が存在します。

製造時は一段リンクが標準だったワム1はリンク破損から多くがシュー式に改造されました。北海道封じ込め貨車の選にも漏れたためヨンサントオで全廃予定でしたが、一部で昭和45年頃まで残り、事業用のエ1となったものは昭和40年代後半まで残存しました。私鉄への譲渡も多く、同系車を所有する炭鉱鉄道/私鉄も多数存在しました。津軽のワム1は現存しているようです。

■ワム1 木柱木扉(Eタイプ: 一段リンク / Hタイプ:シュー)
ワム3500同様に製造途中に木柱木扉のグループが存在しました。丈夫が斜めに細くなる太い柱が特徴的。戦前の更新で鉄柱鉄扉に交換されたものもありますが、木扉のまま鉄扉車と混用され、ワム1末期まで残った車輌も存在します。図はシュー式のHタイプ





■ワム1 鉄扉車体補強なし(Fタイプ: 一段リンク / Iタイプ:シュー)
ワム23000時代に自動連結器に改造され、ワム1に改称された後、空制に改造されるという変遷のワム1ですが、空制化と時代が重なる更新時期に筋交い補強などの追加が行われず、原型をとどめた車輌。私鉄への譲渡車にも多いタイプ。図は一段リンクのFタイプ


■ワム1 更新妻板補強短(Gタイプ: 一段リンク / Jタイプ:シュー)
更新改造で扉位置が移動し筋交いが追加されたもの。ワム3500と同じ車体に見えますが、妻板の柱はワム3500がアングルなのに対し、ワム1はチャンネル。更新によって様々なタイプが生まれたワム1ですが、今回は妻板の補強が短いタイプを製作します。図は一段リンクのGタイプ *当初補強が長いタイプを予定していましたが、更新車は短いタイプが圧倒的に多いことから、すでに予約をいただいた方の了承を得て短いタイプに変更しました。

ワム1キットのバリエーションと価格は表の通りとなります。
キットにはビスや線材など一般的に手に入る部材は含まれておらず、指定車輪も別購入となります。価格や詳細は表をご参照ください。ワム1キットご希望の方はコチラを御一読の上、6月1日(月)までにEメールでお申し込みください。