あけましておめでとうございます

旧年は大変お世話になりました。2020年もよろしくお願いいたします。
新年にあたって2020年内に発売予定のモデルのご案内です。

チラ1 / コラ1
チキ5500の代替えとして生まれながら本線運用は5年程度だったチラ1。国鉄で最も全長の長いヨーロピアンスタイルの2軸貨車として知られています。東海道、山陽、東北、函館、上越などの各路線でエースだった時代を模型化。コンテナ各種はコキ10000でも使用したインジェクション製。同時に末期の地域間運用となった時代のコラ1も製作します。

ワム3500
鉄道省有蓋車として最多輌数を誇ったワム32000→ワム3500。バッファー付きの時代から、1970年代の北海道封じ込め車まで、50年以上に渡って現役だった車輌です。戦前の西尾写真には必ず登場し、昭和30年代までは東海道本線でさえ一大勢力を維持していたこのワム3500を1/80で製作したレイジィジャックの協力で模型化します。で、ワム3500が出たらワム1も?…台枠がかなり違いますねぇ😔

ホキ5700
なぜか貨車づいている(?)FABの新製品構想ですが、ホキ5700は下板橋の模型店としては避けて通れない存在。ロットや所属で細かく形態が分かれる車輌ですので、模型化も細分化に挑む予定。ホッパー躯体はインジェクション製とし、ブラスの下回りと組み合わせたハイブリッド構造になります。この後、ホッパーはカマボコですね(^^)

機関車
ここのところ貨車と電車ばかりで、機関車はEF57以来数年ぶりですが、DLとELを作り始めました。試作パーツの出来上がりがまちまちで、どちらが先行するか分かりませんが、ある程度、カタチになった時点でご案内させていただきます。また久しぶりに気動車も作ろうと、資料をまとめ始めました。

チラ1、ワム3500の発売は3月以降。それ以外は夏前から年末にかけて発売できればいいなぁという感じの進行具合です。詳細や予約受付は当店ウェブサイト、FaceBookなどでご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。