さて、果たして誰がどこで?

FABに代々伝わる名画の数々…30年か25年くらい前から所蔵されているペン画があります。以前は飾っていたのですが、部屋の改装以来、ものおきに仕舞い込み、偶然にも先週発掘された2枚の絵。蒸機時代の九州ですが、たしか皇室関のお仕事もされていた画家の方が趣味で描いたものだったという朧気な記憶。C57の方には「光雄」というサインがあります。
 門デフのD60 57は実はD60 67ではないのか、とか、私が勝手にD51と思い込んでいた後ろのカマはC58だろう(私の時代には九州北部のC58のイメージがありません)とか、昨晩、藤井さんが謎解きのお手伝いをしてくれました。
C57の方は17号機ではないかと、これまた藤井さんのご教示です。精密画というわけではないのですが、機関車に限らず、駅構内や背景、人物など、なんとも言えない味がある絵です。キューロクなどあと数枚あったはずですが、まだ発見できていません。
 さて、この北九州の機関車の絵。いったい誰がどこを描いたものか? しばらく店に飾っておこうと思いますので、ご覧になりたい方は是非。皆さんのご意見がありましたら、ぜひ当店FaceBookに書き込んでくださいね。