さらに米国型更新日記(?)

MZ氏はD&RGWを始め、SP、GNなど西寄り好み。で、eBayで落とした、あのPFM/天賞堂の名作、GNのF-8とC-1もしっかりアップグレードであります。

 F8F-8いいですねぇ。私も持ってますが例のシンプリファイドグレーシャー…(悲)。でも松本さんも言ってたけど、やっぱり天賞堂のプロトタイプが一番カッコいい。W&Rのやつは小型機とはいえすごいディティールですが、カッチョよくないです。それに色も…グレーシャー、大きくわけて緑の色が3種類あるらしいですが、常磐線の103系(古っ!)みたいな緑はいただけません。このF-8、小さくてもベルペアを始めGNを主張してます。なのでフリーランスでやるにはなかなか難しい素材でもあります。

■eBayで落札したF-8。数回に分けて生産されたお馴染みの天賞堂製であるが、デニム箱+GearBoxの形状からして、恐らく70年代初めの製品。この時代の天賞堂製は、余程の人気機種で無い限り、かなりの安値になっているが、今回はその中にあっても格安で手に入れた。

しかし…品物が到着して、その理由が判明した。キャブが前下がりに組まれているのである。僅かに後ろ下がりはキャブの構造上ありえるが、前下がりは何ともマズイので、折角の塗装済みではあるがと塗装を落とした後、バラシ、組み直しをする事にした。塗装落としは簡単であるが、バラシは結構気を使う。結局、バラしたくない箇所を水で浸したティッシュで囲み、半田コテ+バーナーで分解した。バラした後に各部品を整形後、再組立。

 オリジナルのGear-Boxはそのままで、モータのみIMONモータに交換し調整。 しかし、やはり走りが納得の行くスムーズな走りには到達しない。NWSLのギアに交換した。2-8-0なので集電は問題ないと思ったが、やはり心もとないので、機関車の絶縁側2動輪に集電用のシューを取り付けた。モータ交換、Gear-Box交換、集電強化で見違えるようにスムーズな走りを見せてくれる機関車となった。

塗装は折角の再塗装なので、製品に無いフル・グレーシャー。このグリーン色や塗り分けは、調べてみると拠点に依り微妙に事なる事が判明。従って、余り深く考えずに、見つけられるF-8の写真より判別可能なレベルで良、とし深入りはしていない(※天賞堂よりかなり明るいですが、よりホンモノに近い気がします。羨ましい)。とは言え、フル・グレーシャーの塗分けマスキングは大変である。マスキングテープを細切れにして地道に貼る、昔、松謙氏が言われていた軟膏貼りを数日に分けて実施した。

新しい時代の製品と比較すれば、各所の寸法が僅かにスケール通りではないので、カチッとした塗装の後は、全体的にウェザリングを施し雰囲気重視の仕上げとし、DCCを組み込んだ。因みに、塗料はマッハの調合である。

全体のイメージは写真の通りですが、40年前の製品にしては、十分過ぎる位、遊ばせてもらった。今後、作成予定のミニレイアウトでの活躍が期待できそうだ。

続いてC-1。これまた小運転やスイッチャーに持って来いの機関車。カッコいいですが、それでもF-8同様に各部がGNしてます。米国型をやっていると誰もが一度は手にした機関車でしょう。

C1■F-8と同時に落札したC-1です。こちらは箱にロゴのない60年代の車齢50年近い初期製品。今回、初めてC-1を手に取ってみたが、あの時代の天賞堂製品は組立、塗装が良いのだろうか。再塗装は全く必要のない仕上がりである。果たしてバラツキはあるのだろうか?

 しかし、煙室のグラファイト塗りがされていないのと、煙室前のライトのハンダが取れていた為、煙室扉の部分だけ、塗装を落としハンダ付け修正。

又、テンダーのヘラルドが劣化して半分剥がれていたので、何とか剥そうとしたがどうしても無理だった為、一旦、塗装を剥し再塗装。マイクロスケールのデカールを貼り直した。

 テールの繊細さに関しては、最新の製品と比べると若干簡略ではあるが、組立の良さから必要にして十分のディテールと思う。従って、オリジナルのディテールのままで、新たに細かなディテール追加無し…感性を重視した仕上げとした。

当初、GN蒸機末期の仕上げにしよう、と考えていたが、1955年前後の姿は殆どがオイルテンダーで、ヘッドライト、テールライト位置も製品のものとは異なる。従って、今回は1940年代の石炭焚きの姿とし、ヘラルドは“Great Northern”の黒塗装とした。他、煙室のグラファイト、屋根は煤けたタスカンレッド、その後、ウェザリングを実施。当時の棒型モータの制約を考えると、長さ方向をスケールに収めたのはなかなかの設計である。こちらもNWSLのGear-Boxに交換し、DCC組み込み。

※このF-8とC-1。車輌代金、送料に材料費やデコーダー代入れても2輌で10万円していないのではないでしょうか。模型って安く楽しめるもんですねぇ。こんなこと書いてると模型屋が商売になんないか。もっともFABが商売になってるとは思えないですが(^^ゞ