さらに荷物電車…


DSCF0840さてさて、オジサン世代がクモユニ74と聞けば頭に思い浮かべるのが、白熱球の前照灯を持った、この大目玉。昭和30年代に東京口に投入されたときは旧性能電車にも関わらず、111や113などの新性能としか連結できない電車として知られていました。80系はクモユニ81に任せていた共存時代です。

その後、ジャンパ栓などの改造が行われ、めでたく(?)80系とも連結できるようになっていますね。やっぱりカッチョいい。大目玉は100番台、さらに200番台にも改造されて上越線でも走っていました。EF16撮りに行ったときにいたなぁ。

で、こいつは…DSCF0855「クモユニ74でスカ色ってあったの?」と言われてしまいそうな、この塗装。松川さんに「湘南色の塗り分け線の方が自然だなぁ」と言われましたが、たしかに前照灯の中央で塗り分ける湘南色の方がまとまりが良いような…(^^;)

スカ色のクモユニ74がいたのは意外なことに千葉。スカ色の113系と連結するために各地から転属してきた車輌が塗り替えられて投入されていました。私はクモハユ74とも連結したくてスカ色であります。シールドビーム車、人気ないと思って最初は作らなかったんですよねぇ。ところが「なんで出さないんだ!」の声に押されて後から発売しました。作ってみると完全切妻のクモニ83と角柱にRがあるクモユニ74。けっこう変化があって楽しいものです。

クモユニ74は抑速ブレーキのついた車輌と連結するための読み替え装置がついた200番台用パーツも作りました。クモユニ74の200番台と言えば、お相手はクモユ141。Wester Wieseからの発売もそう遠くない将来みたいですので、期待して待ちましょう!
DSCF0851