つく折り合い、つかない折り合い?


さて、困った問題はカプラーの取り付け位置というか、台枠下面の高さ(低さ?)であります。
コキはどいつもコンテナを積んで車輌限界に収まるように、台枠がギリギリまで下げてある。
なので、普通にカプラーを付けたら、カプラーが下がり過ぎてKadeeだとトリップピンが線路に当たっちゃうんですね。ポイントなければ当たりませんが(^^ゞ
逆に言うと、カプラーが普通に付いているコンテナ車の模型は台枠の高さを上げて逃げているというわけです。気持ちはよ〜く分かる。

でも、皆さんもコンテナ積んでないコキって見たことありますか?。
誰もが最初に驚くのは、台枠のあの、異様な低さだと思います。腰掛けられちゃいそう…。
これを再現するためにはカプラーの取り付けを考えなければなりません。
ポケットを台枠にめり込ませるとか…カプラーの首がオフセットしてるやつ(KadeeとかModels Imonであります)使うとか…。

ところがやって来た西野さんに名案あり。これは一気に解決して次のステップに進めることに。
どうしたかは、製品が出来たときのお楽しみ。
TR63Bしかも、それだけじゃなくて…西野さん、手が早い…(・o・)

TR63の設計、もうできちゃってるのぉ?
なんでも引き棒の調整機能がないやつとか、少しだけ調整できるやつとか、思いきり調整できるやつとか、TR63は3タイプくらい作2682-1るとか。やるなぁ。

で、10000形の方はレサにも使ったTR203であります。ダンパーが45度の角度で付いて好評をいだたきましたが、これまた問題があるんです。

コキ10000は登場直後、コンテナ荷役のフォークリフトのフォークが件の飛び出したダンパーにぶつかる物損事故が多発し、円形のガードを台枠下部に装着しました。ところが、これをつけちゃうと台車が首振りはともかく、スイングできないんですね。台車がモロにガードに当たる…。

ホンモノはホイールトラベルが25mmとか30mmくらいだからいいけど、模型では…。
カトーの16番(12ftを4個積みなので、とうぜんガードはついている時代の模型)でも省いちゃってるのだから、ガードと走行性を両立させるのは難しいことがミエミエです。
でも青い台枠に白いガードは目立つし、付けたいなぁ。ちょっと頭をひねらなくちゃ。

で、おっ、西野さんはこんなのまで描いてますねぇ。
chiki5000-a







カッチョいいっ! 
「たから」ならコレしかないという東海道に生まれ東海道に殉じたコキ5000というか、チキ5000。
Wester WieseはEH10も作るし、とうぜんと言えばとうぜんの構想ですが…。
とんでもない格好した5100、別名亀甲コンテナ…これもプラしかあり得ないですなぁ。高そう…。
某16番でロストの5100があったけど、重さが…(×_×)
そういえばEH10の量産車と試作車って窓や車体長含めてまったく別物ってホントですか?
西野さん、秘蔵の図面を今度、見せて下さいね。
おっとおっと、いくら図面描くのに疲れても現状逃避はいかんです。

チキ5000も、車体短くてサイドフレームの梁が多い初期型コキ5500も、ついでに夢のフレイトライナーのコキ19000もとりあえず置いといて、頑張ってコキ10000と5500、作りましょうね!
と書いたらところで、いい加減、引っ張り過ぎなので、コキの話はとりあえず終わり。
またいつかお会いしましょう!