まだまだ続くホキ5700第三弾と再生産

新年早々のご案内はホキ5700第三弾。チチブセメント用の後期製造車、タイプCです。昭和45年から47年にかけて製造され、100輌を超える所帯はチチブセメントでは二番目の勢力でした。中央の搭載口ハッチに比べ両側の空気抜口ハッチが小型になっているのは小野田のタイプB同様ですが、ハッチの向きが異なります。チチブセメントでは両側のハッチが小さいこのタイプを多数増備した後、最後に3つすべてのハッチが大きなタイプに先祖返りしています。


荷役設備はタイプA同様にエア配管4本で、ブレーキテコは両側ともブレーキシリンダー真横の配置。ただしタイプAより時代が下がって、タンク底部の補強は線路と水平になっています。タイプAが篭原常備だったのに対し、タイプCは武州原谷に集中的に投入され、秩父鉄道から東上線、八高線、高崎線へと送り出され、関東一円で見られた車輌でした。製品の手摺は原型です。今回のタイプCだけの編成もあるのでしょうが、やはり色々混じっていた方が楽しいので、チチブセメントで最大勢力だった3つのハッチがすべて大きなタイプAも再生産します。それと小野田セメントのBタイプも発売1か月後にして早くも再生産。後になってから「やっぱり欲しかった〜」とか止めて欲しいんですけどねぇ。でも今回はCタイプを作るので一緒に作ることができます。

ホキ5700タイプCキットの価格は
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税

ホキ5700タイプAの再生産。価格は前回同様です。
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税

ホキ5700タイプBの再生産。どれもこれも値段は一緒。
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税

いずれのキットも金属線、ビス、台車(Models Imon TR41指定)、カプラー等が含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は1月15日(金)までにコチラを御一読の上、ご希望のタイプと輌数をEメールでお知らせ下さい。