もうひとつのコキの王様…コキ1000を作ります

Gシリーズ第二弾 。’60年代前半、海上輸送で普及の兆したみせたドライコンテナに対応すべく国鉄は試作を続け、1968年(昭和43年)に特殊装備てんこ盛りのコキ1000が量産されました。ダンパー内蔵の巨大な連結器胴受。乱立規格のコンテナをなんでも積もうと締結装置は移動式とし、コンテナ支持具は2種類を使い分け。現場の混乱が目に浮かぶようですね…。側板天地方向の短さは驚きですが、荷重を受けるのは中央の魚腹なのでご安心を。台車はTR63Bを密閉ベアリングにしたTR215(またしても専用台車!)。模型化したのは片押しに改造される前の両抱きブレーキ時代です。

 コンテナ搭載状態で限界内に収めるべく低められた車体は、模型化すると床板下面からフランジ上端まで0.6mm…走らせようとすると…車高を上げては身も蓋もないので、床板にフランジ除けの穴を開けましたが、これはコンテナで隠れます。そのコンテナはローキューブの20’。“ウォルサーズかなぁ”と思ったら大間違いで、いまや手に入るのは現代的なコルゲートのハイキューブばかり(悲) 70年代中頃までを再現したいので、平板張りのコンテナも作りました。デカールはA-LINEやMicro Scaleで出ていてFABにも在庫があります。K LineでもMerskでもお好きなものを。私はOSKのワニさんが好みです。

 貨物列車にコキ1000が入っていると、カラフルな海上コンテナに行ったことのない外国を想像して楽しい気分になったものです。全国区の運用でしたが、有名なのはコキ5500後期形と組成された「山陽ライナー」でしょうか。先だって発売のレサ900と組ませるのもアルファベット表記が並んでオツであります。珍しいところではキューロク牽引の2軸貨車数輌にコキ1000が入った編成の写真を見たことがありますが…北海道かな? 

価格はキット1輌単品が44,000円+税。2輌組は80,000円+税になります。付属するコンテナはISO 1C規格で、締結装置もコンテナ位置に合わせて固定するようになっています。ビスや真鍮線などは付属していません。ご希望の方はコチラを一読の上、Eメールで8月31日までにご予約ください。