キハ44700の勇姿!😊

 お客さまのキロキロさんが、Wester Wieseから発売されたキハ44700×3輌を完成させられました! キハ51ではなく旧塗装の44700で名ナコ…関西本線の看板列車だった「準急かすが」ですね。これに現在製作中(?)であろうキロハ18が加われば完璧! と勝手に想像してしまいましょう。いや、いいですね〜♥️
 気動車の山岳区間運行の可能性を切り開いた車輌ですが、狭い車体幅のキハ17系列の床下に頑張って2エンジンを詰め込んだ形態は車体が細長く見えて欧州の車輌のような印象です。キハ50ほどじゃないですが、実際にも車体が長いんですが。これで加太越えのD51との離合でも作れば…とどんどん妄想が広がる素晴らしい仕上がりです。次回作も期待であります!(^.^)