クハ153低窓と高窓500番代の予約受付開始です

 153系第2弾はMM’ユニットに続きクハ153原型と冷房改造車を製作します。クハ96として登場した低窓車(便宜上クハ153 0番代と呼ばせてください)は従前の国鉄電車の概念を覆すパノラミックウィンドウに貫通扉を組み合わせた造形を持ち、昭和33年10月から80輌を製造。その後は運転台位置を上げた500番代へと移行しました。500番代の高窓はその後の165系や交直流急行電車、さらに近郊形電車にまで広まり、国鉄の代表的な「顔」となりました。

 デザイナーが自由にデザインした感のある低窓と、世間のしがらみを感じさせられる高窓の対比は面白いものです。クハ153は0番代、500番代ともに貫通扉下部に後退角がつき、幌座が車体に埋め込まれた独特の形状で、他の急行用電車と異なる印象を持ちます。幌当のアルミ板がアクセントなのも153だけの特徴でした(後に塗装されてしまった車輌は残念!)。

■クハ153 0 Aタイプ(1〜64):クハ153 0はロストワックスで前面を製作しました。埋め込まれた幌座も一体構造です。台車はクハ153 0では多数派となったボルスターアンカーの揺枕側取付部にカバーのないTR59。実車同様にベンチレーテッドディスクも模型化した上、キャリパーブラケットのシルエットも表現しました。原型車は両栓構造で奇偶数どちら向きにも組成できます。価格は68,000円+税になります。


■クハ153 0 Bタイプ(65〜80):ボルスターアンカー取付部に三角形のカバーを持つTR59Aとなった昭和35年本予算車以降のタイプ。このタイプは準急用にとどまらず急行での運用が始まるために増備されましたが、500番代への切り替えを前に半年間だけの製造だったため、クハ153 0では少数派です。Aタイプ同様に両栓構造で奇偶数どちら向きにも組成できます。価格は68,000円+税になります。


■クハ153 0 Cタイプ(1〜64):前期製造車のTR59装着車を冷房改造。その際に大型MG搭載のために水タンクを移動するなど大きな変化を遂げました。冷房用引き通し線が増えたために原型の両栓から電気ツナギが片栓となり、奇数番号車は奇数向き、偶数番号車は偶数向きに固定されました。ご注文の際に奇数、偶数をご指定ください。価格は70,000円+税になります


■クハ153 0 Dタイプ(65〜80):後期製造車を冷房改造したタイプ。前期車同様大型MG搭載のために水タンクを移動し、片栓化されたために向きが固定されました。ご注文の際に奇数、偶数をご指定ください。価格は70,000円+税になります

■クハ153 500 Aタイプ:初の高運転台として昭和35年に登場した500番代。黎明期の高運転台だけに401系初期車とともに、その後の111系以降とは異なる形状を持ちます。特徴的なのは高窓ながら0番代同様に埋め込まれた幌座と下部に後退角がついた貫通扉。台車はTR59A。0番代の陰に隠れがちな印象ですが、80輌の0番代に対し、500番代は57輌と、実はそれなりの大所帯。前面はプレス製です。価格は65,000円+税になります。

■クハ153 500 Bタイプ:0番代同様に大型MG搭載で水タンクを移設し、奇数向き、偶数向きが固定された500番代冷房改造車。0番代の陰に隠れがちな500番代ですが、新快速のクハでは最大勢力を誇り、末期の東京口や千葉方面の急行ではお馴染みの存在でした。価格は67,000円+税です。ご注文の際に奇数、偶数をご指定ください。

■クハ164 Aタイプ:山陽本線で165系と編成を組んでいたクハ153に制御器や制御回路の変更を行い165系に編入したもの。若番を改造したため、種車はすべてTR59装備車でした。制御用ジャンパ連結器がクハ153と異なるのが特徴です。改造当初は両栓。8輌が改造によって生まれたクハ164ですが、新幹線の延伸に伴い下関から東海道へと転じ、1〜4の4輌は冷房化されずに原型の形態のまま最後を迎えました。価格は68,000円+税となります。

■クハ164 Bタイプ:山陽本線から宮原に転じたクハ164 5〜8は昭和47年に冷房改造され、5、7が奇数向き、6、8が偶数向きとされました。その後神領、大垣と転じ、飯田線や東京に顔を出す運用についたのはご存じの通りです。ご注文の際に奇数、偶数をご指定ください。価格は70,000円+税になります











 クハ153およびクハ164キットは車輪、動力装置、カプラー、ビスなどは別購入となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、5月14日(火)までにEメールでご予約ください。