サハシ165も作ります。でもこれで終わりじゃないです😉

急行用半室ビュフェ車としてサハシ153、サハシ451に続いて昭和38年に登場したのがサハシ165(便宜的に165 0番代と呼ばせてください)。上越線用に昭和38年4月から12輌が製造されました。その後の増備は東海道新幹線開通で余剰となったサハシ153をサハシ165 50に改造することで賄われたため、サハシ165 0は直流急行電車最後の新製ビュフェ車となっています。
■サハシ165 0 Aタイプ
原型を模型化。吊りフックが大きなオリジナルTR69装備の165系初期製造車です。原型では2等室側は両栓となっていました。

投入時の上越急行はサロ2輌の両側にサハシを配した豪華編成でしたが、利用率が高くなかったことから中央東線急行の定期化の歳に新潟の12輌のうち5輌は松本に転属。以降、上越、中央ともにサハシは1輌の連結となり、中央東線ではサハシ165 50と混用されました。

製造当初からビュフェ部分はAU12 x 4で冷房化されていたサハシ165ですが、昭和40年代中頃には2等室部分も冷房化。この際に片栓化されますが、中央東線では編成中の組み込み位置が上越線と異なり、サハシが逆向きで組成されるため、中央線のサハシ165冷房改造車はジャンパ栓の位置が上越と入れ替わっています。
■サハシ165 0 Bタイプ
2等室部分を冷房化した形態。サービス電源以外に冷房用電源も必要となったためMGは大型化。ジャンパ栓は上越線タイプ、中央線タイプの作り分けが可能です。

※ご要望次第ではサハシ165 50の原型、冷改車の製作も考慮いたします。ご希望の方はEメールにてお知らせいただければと思いますが、製造数が少ない場合は予約受付締切前にサハシ165 0のご購入をお奨めすることもあります。

サハシ165 0は注文生産となり、キットには室内のカウンターや調理室部分も含まれています。価格はAタイプ6、Bタイプともに71,000円+税となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、10月21日(日)までにEメールにてご予約ください。発売は11月〜12月を予定しています。

サハシ165に続いて165系シリーズ(?)はモハ165、モハ164 500を製作します。それで最後? じゃないかなぁ🤔