サロ153 900で153系完結

  155系のご案内でもポストしましたが、サロ153 900を製作します。急行用電車でリクライニングしない回転クロスの並ロはサロ153が唯一ですが、その中でもEF10に続くステンレススキンの900番代は異色の存在でした。
  汽車会社が製造し旧称号のサロ95 901、902として落成したことからも分かる通り、サロ153でも初期車に分類され、153系発祥の地である大垣に新製配置。大垣持ちの153系準急列車に運用され、「東海」の写真も残りますが、白眉は159系と組んだ「ながら」でした。修学旅行の需要がない時期に「こまどり」のスジで運転された準急ですが、159系には2等(1等)車が存在しないため、専らサロ153 900が充当されました。
 その後、準急列車は急行への格上げで国鉄線上から姿を消し、サロ153も113系用サロ110へと転用された結果、900番代もサロ110 900へと改造され、後に冷房化されています。この時代には巣連レス生地から湘南色に塗装されているのがちょっと残念ですねぇ。キットの価格は70,000円+税。ご希望の方は11月15日までにEメールでご予約ください。