ホキ5700第二弾…今度はちょびっと全国区?

ホキ5700…関東だけでは片手落ち(?)なので第二弾は小野田セメントで使用された形態のタイプBです。日本セメントでも同系車が運用されましたが、大型の手摺と重力式の吐出口が小野田とは異なります。タイプBの特徴は両端の空気抜口ハッチが小型になり、エアスライダー用空気配管が2本。吐出口形状もチチブセメントのものとは異なり、タイプAではブレーキシリンダーの両側にあったブレーキテコは今回のタイプBでは1エンドと2エンドに分かれています。また梯子等の細部形状も異なります。タイプA同様にデッキ手摺は原型としました。

前回製品化したタイプAは300輌近くが製造されたホキ5700最大勢力ですが、このBタイプも和43年~45年に大量に製造され、100輌を超える勢力となっています。後年まで運用されていた三岐の東藤原(後天的に中央ハッチ付近が改造されています)が有名ですが、本州では関東圏の厚木(相模線)や巴川口(清水港線)、九州では金田(伊田線→田川線)、津久見(日豊本線)などに常備されるなど、東日本から九州にかけて広範囲に運用されました。九州では蒸機牽引の写真も多く残されています。

ホキ5700タイプBキットの価格は
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税
となります。キットには金属線、ビス、台車(Models Imon TR41指定)、カプラー等が含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は12月6日(日)までにコチラを御一読の上、Eメールでご予約ください。