ホキ5700…FABハイブリッド貨車シリーズ第4弾です

 レサに始まり、コキ、ワキ/スニ/スユと、しぶとく続くFABハイブリッドシリーズ。第4弾は下板橋ヤード前の模型屋として避けて通れないホキ5700です。川崎のタキ1900と40tセメントホッパーの市場を分け合った日車のホキ5700ですが最初のロットは35tホッパーの流れを汲む凡庸なデザインでした。それが1966(昭41)年に登場した量産車になるとタンク体剥き出しの一目見たら忘れられないスタイルとなります。
 V字状のタンク体は補強のチャンネルだらけ…真鍮で組み立てるのは修行になるのでインジェクションを採用しつつ、繊細さも求められるホッパー上部や台枠は真鍮の組立。床下のエアスライド用の空気配管や吐出口などはキャスト品満載になりました。

 ホキ5700製造時の主な納車先は秩父、小野田、日本セメント。650輌が長年に渡って増備されたために様々な形態がありますが、今回第一弾で発売するホキ5700タイプAはホキ5700最大の顧客、秩父セメント向けに量産初期〜1970(昭和45)年まで製造されました。大きめのハッチが3つ並び、エア配管は4本。ブレーキシリンダー脇に両ブレーキテコがあり、タンク底部の補強板はV字型。首都圏でホキ5700というと、まずこのタイプが頭に浮かぶと思います。八高線のD51、DD51もこれですね。手摺は後に保安度向上改造されました。


















Wester Wiese西野さん撮影。EF16+EF15は上越国境の象徴ですね😉 私はホキばかり連ねた編成のイメージが強いですが、ジェネラルフレイトにも数輌が紛れ込んでることも間々ありました。




















こちらも上越線。タキ1900と呉越同舟(?)のEF64牽引セメント専用列車。上越線にもスジがあったんだなぁ。ダムでも造っていたんでしょうか。

ホキ5700タイプAキット価格は
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税
となります。キットには真鍮線、ビス、台車(Models Imon TR41指定)、カプラー等が含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は10月31日までにコチラを御一読の上、Eメールでご予約ください。この後もホキ5700各タイプを始め、エアスライドホッパーを製作していく予定です。