モハ165キットのご案内です

 クモハ165+モハ164のユニットが基本だった165系で、モハ165は少数派として知られています。1963(昭38)年製造のユニットはモハ164 800とコンビを組み、新製早々から新前橋→三鷹→田町と関東地方で転属を繰り返しますが、その用途は中央東線準急を中心とした波動用でした。続く昭和39〜40年製造分は台車がDT32Bへと変わり、やはり波動用として宮原、岡山へ配属されますが、中央線と縁が無い東海道西部や山陽方面にもかかわらずユニットを組んだのはやはりモハ164 800(しかも暖地向き)でした。

■モハ165Aタイプ:昭和37年度民有車として製造された1〜5の原型車。165系初期製造車らしくオリジナルDT32を履きます。ヒューズ箱は一枚蓋がA-1タイプ、分割蓋がA-2タイプ。製造当初は三鷹で中央線用として使用され、165系の中央線定期急行設定の後は田町に転じました。


■モハ165Bタイプ:昭和39〜40年の予算で製造され関西から中国地方へ配属された6〜17。台車はDT32Bとなりました。ヒューズ箱は一枚蓋がB-1タイプ、分割蓋がB-2タイプになります。

 波動用としても使用できる167系の登場で、モハ165の製造も一段落しますが、165系製造末期の昭和44 年に山陽急行用の新製冷房車として増備が行われました。この際に製造された4輌はユニットの相手がモハ164 0番代(新製冷房車)です。その後、初期車も冷房化され、飯田線をはじめ4連を基本編成とする運用を持つ神領や大垣に集約されますが、それがモハ165がもっともカメラに収められた時期でした。
■モハ165Cタイプ:Aタイプの冷房改造車で、台車は後年までオリジナルDT32でした。ヒューズ箱一枚蓋がC-1タイプ、分割蓋がC-2タイプ。関東地方の波動用を経て神領、大垣へ転じています。

■モハ165Dタイプ:DT32Bを履くBタイプの冷房改造車です。ヒューズ箱一枚蓋がD-1タイプ、分割蓋がD-2タイプ。このタイプは中部〜中国配属に終始しましたが、最後に静岡に転じ、東京にも顔を出すようになりました。

■モハ165Eタイプ
Bタイプの製造から4年を置いて165系製造末期に「鷲羽」用として登場した新製冷房車で18〜21の4輌が該当します。水タンクはFRPとなりました。冷房改造車とはベンチレーター位置が異なり、デッキ上のベンチレーターは設置されていないことが特徴です。
今回は初期車、台車がDT32Bとなった増備車、そして最後の新製冷房車とモハ165すべてのタイプを模型化しました。価格は各タイプとも55,000円+税です。当店キットの通例でビス、カプラー、モーター、駆動系などは含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで11月5日までにご予約ください。