ワキ5000丸屋根車キット。各タイプ作れます😳

「鳶色」の巨体が遠目にも目立つワキ5000。パレットによる大量輸送に対応した国鉄貨物全盛時代の象徴です。今回の模型化は昭和40(1960)年から昭和42(1967)年にかけて製造された丸屋根を持つタイプ(5000~5414の415輌)。台車は登場時の両抱ブレーキを持つTR63Bです(5185〜5264のTR63Dは軸箱守が少し異なります)。第1ロット(5000 ~ 5099)と、第2ロット以降(5100〜)は製造時の形態では留置ブレーキ(第1ロット片側/第2ロット以降両側)、縦樋(第1ロット無/第2ロット以降片側縦樋)、手摺やステップ、魚腹内側の縦補強梁などが異なっています。第1ロットに標準化工事が施されて第2ロット以降並みの装備となった後年はほぼ同じ外観と言われていますが、実は変わらなかった違いもあります。
■ワキ5000第2ロット以降。この形態、もしくは後年に台車が両抱きブレーキから片押しブレーキに改造された形態が、我々が見慣れた丸屋根のワキ50000ですね。

 ワキ5000ばかりを連ねた急行貨物や一般貨物に1輌、2輌が紛れ込んでいるものまで…全国区の貨車だけに牽引機はEH10やEF60に始まり旧型電機、交流機、DD51やDE10、蒸機ではキューロクやD51、ときにはC11。そして北海道のD52もありました。看板列車は西行きだと「西たから」ですね。そしてワキ5000蒸機牽引の華は松本さんが撮影・紹介された「きたたから」です。
■ワキ5000第1ロット登場時: 足踏みの留置ブレーキは4位のみ。ブレーキ緊解表示装置もありません。留置ブレーキのない1位は扉の取っ手もワキ10000同様のものです。そして第2ロット以降との最大の違いは扉下側にあるレールの車端側の長さです。

 東北本線電化前の北海道航送貨物列車。伝統の「ほっかい」が昭和40年10月改正以降D51三重連で奥中山を越えたのに対し、同改正で登場の「きたたから」はワキ5000とコキ5500というボギー車のみで組成され、本務機はC60やC61のハドソンにD51重連補機という三重連でした。この列車に投入されたワキ5000こそが第一ロットで留置ブレーキが片側だけ…「とれいん」161号の松本さんが撮影された写真は必見です…第2ロットが投入された頃には本務がDD51重連に替わっているだけに、やはり第1ロットの登場時は作らねばなりません(*C60を作ってしまった個人の事情です)。
 一方、松本さんが「鉄道ジャーナル」に添乗記(蒸気機関車EXに加筆再録)を残された「第二きたたから」は第2ロット以降のワキ5000が大量に入り、最後のD51三重連で名を馳せました…となると第2ロットも欲しいですね…なんとも悩ましい。
 ワキ5000の第1ロットは側扉下側レールがほぼ妻板に達するものですが、第2ロット以降は扉の車輪を端面から車体中央寄りに移動してレールを短縮しています。この差はけっこう目立ちます…さぁどうする?……とうぜん両方作れるようにします(^^;)


 妻にも変化がありました。第1ロット登場当初は留置ブレーキが片側だけのため、1-2位側にはステップがなく、手掛けも左右同じものです。第2ロット以降は縦樋がついたことになっていますが、第2ロット1号車のワキ5100の竣工写真では両側に留置ブレーキを持ちながら縦樋はありません。銘板が連結器を挟んで両側にあるので、縦樋の装備は意識していない感じがします。
 縦樋が新製時から装備されたのは第2ロット途中か第3ロットからではないでしょうか。銘板が縦樋を避ける形で片側に2個配されている車輌は最初から縦樋を装備していたのだと思います。第1ロット登場時と異なり、第2ロット以降の図では左右にある標識灯掛けですが、新製時は第1ロット登場時と同じ左側だけで、右側はヨンサントオくらいからの保安度向上工事の際に追加されたものです

 意外にもバリエーションの多いワキ5000丸屋根車ですが、キットはいろいろ作れるように考えました。
1) 第1ロット登場時: 扉レール長/1位留置ブレーキ、手摺、ステップなし/標識灯掛1カ所
2) 第1ロット標準化改造後: 1)を両側留置ブレーキとし、縦樋を追加。標識灯掛を2カ所にしたもの
3) 第2ロット登場時: 扉レール短/1位4位に留置ブレーキ、手摺、ステップ/標識灯掛1カ所/銘板両側
4) 第2ロット改造後: 3)に縦樋を追加工事したもの
5) 第3ロット(第2ロット途中?)〜登場時: 扉レール短/1位4位に留置ブレーキ、手摺、ステップ/標識灯掛1カ所/銘板片側/縦樋
6) 第3ロット(第2ロット途中?)〜改造後: 5)に標識灯掛を2カ所としたもの。
ざっと考えて、これだけありますが、まだ他にもありそうですねぇ。

コキ5000丸屋根車キットの価格は
単品: 41,000円+税
2輌組; 79,000円+税
10輌組: 375,000円+税
となります。ハイブリッド構造の車体から床下機器、台車まで含まれますが、カプラーとビス、真鍮線など入手が容易なものは含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は3月19日までにコチラを御一読の上、Eメールでお申し込みください。発売は5月〜6月を予定しています。