両運車もなかなか…クモハ61

61005_23扉車第三弾は、これまた飯田線の名優、クモハ61。関西にいたクモハ40昭和7 年度車をMT30に換装して出力増となった車輌で、61001と002が阪和線に止まり、003〜005が飯田線にやってきました。飯田線では珍しいロングシート車ですが、両運の便利さを買われ、増結や2連のローカルなどでけっこう出番の多かった電車です。私は阪和の002を、しかも阪和快速色で作ろうと思ってますが、飯田線転属車も静鉄形幌で異なった魅力を持っています。

KDさんの作られたのは61005。004と共に方転車です。クモハ42もそうですが、両運車の愉快なところは編成によっては相棒のクハ側にパンタがくることですね。半流なら当たり前ですが、前パンで風を切るイメージの平妻車も、こんな編成ができます。61005_1