列車工房スイテ37010(スイテ39)キット予約受付開始

 

日本の展望車の中で唯一、純和風の内装「桃山式」を持ったスイテ37010は、スイテ37000に続いて製造され、1列車「富士」に充当された一等展望車です。洋式の37000より、和風の37010も方が外国人には受けが良かったという逸話も。昭和16年にはスイテ39に形式が改められ、戦時下の運転中止まで「富士」の最後尾を飾りました。模型化したのも、この華やかな時代です。戦後はマイテ39 11となりました。

今回のキットは、カプラー以外全て入ったトータルキットで、「富士」のテールマーク(富士山形のアレです)も付属しています。価格は49,000円+税。ご希望の方はコチラを御一読の上、12月10日までにEメールにてご予約ください。用意できるパーツ数に限りがあるため、予約締め切り以前に予約完売になる可能性もあるとのことです。発売は年明け1月中頃以降予定です。