列車工房スイテ48(37020)キットのご案内です

列車工房からスイテ48(37020)が登場です。
昭和6(1931)年に超特急「燕」用に登場したスイテ37020。従前の展望車は夜行列車に組成されるため、貴賓や高官用の区分け室は隣車のイネに設けられていましたが、昼行の「燕」はそうもいかず、展望車に区分け室を設けたスイテ37020が大井工場で2輛製造されました。開放室と区分け室に室内スペースを割いたために室車掌室がないことも特徴です(後に給仕室に手ブレーキ設置)。昭和16(1941)年にスイテ48に改称されました。

戦後の進駐軍接収解除後、スイテ48 1は「はと」用として整備され、東海道特急に返り咲いた後、昭和32(1957)年にオシ17 5に改造されています。露台の手摺に標識灯が埋め込まれているのが戦後の特徴ですね。一方、接収中に室内を大改造されたスイテ48 2は接収解除後も営業使用されずに標識灯のないスッキリとした外観。藤本さんの「スハ32600の一族」(車両史編さん会刊)によれば、昭和31(1956)年にオシ17 3へ改造直前には釧路工場(!)に留置されていた模様。いったい何のために?? 

スイテ48(37020)キットの価格は50,000円 (税込)。台車を含め一通りのパーツを含みますが、カプラー等の入手容易な部材は含まれていません。 ご希望の方はコチラをご一読の上、12月5日(日)までにメールでお申し込みください。