流線形時代?

533 HOJC今年の競作は「流線形」ですが、こいつはどうじゃ〜。前にも紹介した森井さんのC5343ですが、だんだん形になって来ましたねぇ。3Dプリンターで作った最初の造形が気に入らずに改良を加えてこんな感じに。ランボードの絞りなどタイヘンそうですが、ばっちり形になってきました。う〜ん、いいなぁ。

森井さんは上り「燕」を再現したいそうですが、そうなると補機のC11はどうすんの? などと店頭で話に華が咲きました。私はやっぱり17列車がいいなぁ。西野さんと一緒に魚腹の優等車、作らなくちゃぁ。

534斜め後方もなかなかの佇まい。京都駅上りホームで北陸行急行を牽いて停車中の西尾さんの写真を彷彿とさせます。

問題は量産化。森井さんに聞いても手作り部分が多すぎて、何輌作れるか(森井さんの気力が続くか?)というところ。でも、ぜひ手に入れたい1台であります。