生まれも素性もアメリカン? レサ900のご案内

 FAB “Gシリーズ”第一弾。「レサ」と名がつく車輌を作るのはレサ10000が最初で最後だと思っていたのですが、コレを作る気になった自分自身にびっくりです。レサ900はGHQ命で大量に作られた戦後の落とし子、レキ1が母体。1964年に在日米軍の要望によって4輌のレキ1が国鉄唯一の冷凍機付きボギー貨車、レサ900へと生まれ変わりました。私がこの貨車を知ったのは、30年以上前の「とれいん」誌に載った松本さんの記事で、英語表記にエキゾチックな印象を持ったものです。


 レキ1のシルエットを保っているとはいえ、台枠以下と構体以外は一新され、一端はDGと冷凍機を収める機械室。床下に燃料タンクを装備し、台車はTR24ながら片押しブレーキでリーフが2列という他に類を見ない仕様です。常備駅は当初は東高島。1965年に横浜港に変更され、1966年には機械室屋根にベンチレーターを取り付け。製品はベンチレーター取り付け後の形態で、横浜港を発駅に、千歳、苫小牧、三沢、岩国や九州各地の米軍基地最寄り駅へ運用された時代です。

 高速走行可能なレサ900はヨンサントオ以降も本線貨物列車に混成されました。冷蔵車の編成の中に2輌連結で東北本線を往く写真が浅原信彦氏の著書で紹介されています。この2輌は奥中山を越えた後に分割されて三沢と千歳行きでしょうか。米軍基地は幹線沿いの所在が多く、ベンチレーターがついた時代に蒸機もしくはDL牽引だったのは東北本線の盛岡以北と北海道、長崎本線と佐世保線だと思います。

製品は台車や床下機器を含むキットで、独特の表記はインスタントレタリングが付属します。ビスや真鍮線など入手しやすいパーツは含まれません。またGシリーズは製品化の難しい車種をあえて製品化しているため、簡単な説明書だけになります。価格は1輌(単品)が44,000円+税、2輌組が80,000円+税となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、8月22日(水)までにEメールでお申し込みください。