異色のキロハ/キハ18とキハユニ。WWキットのご案内

 Wester Wiese10系気動車キット第5弾は、一般型気動車では異色の存在だった運転台を持たない中間車のキロハ18とキハ18。さらにキハ16改造のキハユニ18。キロハ18とキハ18は専用の空気暖め器や扇風機カバーなどを新規に製作しての模型化です。

 製品のキロハ18は、前期形の1~5で原型(Aタイプ)と扇風機取付後(Bタイプ)の2種類。東京〜千葉方面に使用された後、関西線の「かすが」や日光行きの快速列車に投入されました。キハ55登場に合わせて一般色旧塗装から準急色へ塗り替えられたため、一般色の新塗装を纏うことはなかった異色の車歴です。準急色時代に扇風機が取り付けられ、「ときわ」「かすが」「ちどり」が代表的な列車ですが、後発の優等車の登場で高松へ集結。四国内の準急等に使用された後、キハユ15とキニ15に改造されて1961年に形式消滅しました。同じ準急色ながら車体断面の大きなキハ55の間で肩身が狭そうにしているのも面白いですが、旧一般色に二等車部分だけ青帯を巻いた合増車らしい出で立ちも面白い存在です。
■キロハ18 Aタイプ 原型のベンチレーターだけのもの。日光快速や「かすが」に使用


■キロハ18 Bタイプ 2等車部分に扇風機が取り付けられ屋根上のカバーが目立ちます

 キロハ同様運転席を持たない中間車のキハ18は前期(1〜15: Aタイプ)と後期(16〜31: Bタイプ)の両タイプを発売。前期Aタイプは全室クロスシートで旧台枠のためスマートな外観を持ち、千葉に新製配置後、電化まで活躍。その後は郡山、美濃太田、岡山、小郡、直方、長崎などへ転属しています。私は千葉だけでなく美濃太田でも実見していますが、運転席のないキハ18は独特の外観から目立つ気動車でした。後期Bタイプは扉部座席がロングシートで新台枠。新製配置は田端、千葉、奈良、岡山、徳島で、田端所属車はキロハと組んで日光快速に使用されました。

■キハ18 Aタイプ 戸袋部がメクラで小さい車体断面もあって実際より長く見える車体ですね

■キハ18 Bタイプ こちらは新型台枠で扉まわりがロングシートの増備型

 キハユニ18はキハ16の1~69を改造したタイプ。相次ぐ新型気動車の投入で捻出されたキハ16を昭和41、42年に8輛改造。盛岡、郡山、新潟、岡山、浜田、小郡に配置され、各地の路線で使用されました。その後3と6以外はキユニ18に再改造されています。






上記製品を完成させるには、このキットの他にイモンギア、IMONミニモーターなどを、別途購入して頂く必要があります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。
価格
キロハ18 Aタイプ(一次車原型)48,000円+税
キロハ18 Bタイプ(一次車扇風機改造)49,000円+税
キハ18 Aタイプ(一次)48,000円+税
キハ18 Bタイプ(二次)48,000円+税
キハユニ18 50,000円+税

 注文生産のため、ご希望の方はコチラを御一読の上、8月4日までにEメールでお申し込みください。