石炭車…今度はセキ600を作ります

 セキ1を4種類作らせていただきましたが、「まだまだ足りん!」と思ってしまうのは人間の業ですな😓 というわけで、1924(大正14)年から製造されたオテセ10500→セキ600。その後のボギー石炭車の標準となった30t積み車であります。






 セキ1(というよりオテセ9500→11000ですね)の増備として作られただけに車体は増炭後のオテセ11000に近く、以降の基本となりました。新製当時の北海道の自連規格に合わせた端梁は後に高さ変更でセキ1同様切り欠かれています。ただしセキ1とは全長全幅が微妙に違い、細部も異なっている他、開戸のギアボックスとリンクの取り付け方法などは大変更されています。

 私がセキ600を欲しかった理由のひとつはTR18。セキ1が履くアメリカンな印象のTR17に比べ、同じアーチバーながらクイーンポスト下部は円弧を描く優雅なデザインです。この台車からは長軸になるなど、多くの要素がTR20に受け継がれました。製造時はコイルスプリングでしたが、リーフに改造されているのはセキ1のTR17と同じ。新製配置以来ほとんどの車両が北海道で使用されましたが、一部が伯備線の石灰石輸送用に転じています。

 300輌が作られたセキ600ですが、1950年代終わりからホキ1への改造が始まりました。それでも1966(昭和41)年の国鉄貨車両数を見ると36輌が在籍。この翌年の1967年に残存車を雄別鉄道に譲渡して国鉄での用途廃止ですから、黄帯のセキ600は存在しなかったことになります。雄別では廃線まで使用されました。9600やD51の運炭列車に組み込まれた写真はお馴染みですが、印象に残るのは雄別埠頭線で9200に牽かれている竹中さんの写真。頼りなさそうな築堤と橋梁をいく9200と華奢なTR18をつけたセキ600は落日の哀愁に溢れています。

 セキ600も修繕で様々な形態がありますが、今回製作したのはオリジナルのリベットが残り、三角形のアングル補強が入ったタイプです。価格は2輌セットで46,000円+税。ご希望の方はコチラを御一読の上、4月27日(金)までにEメールでお申し込みください。