貨車なのに客車? 異端の荷物車ワキ8000登場

 不経済だった手小荷物(荷物車)と小口扱貨物(貨車)の二本立てを解消するため、国鉄では昭和44(1969)年から荷物車を廃して貨物列車に一本化する計画が進められました。そのため、過渡期には客車列車に連結するけど、一本化後は貨物列車に組成する目的で作られたのがワキ8000です。ところが昭和49(1974)年に廃止されたのはなんと小口扱貨物でした! その結果、貨車になるはずのワキ8000は荷物車としての役割に終始。最初から分かっていれば形式はスニだったんでしょうけど…さすが国鉄…^_^; 

 先輩のスニ40が41輌なのに対し、ワキ8000は新製45輌にワキ10000改の59輌で合計104輌。よく見かけたわけですねぇ。私は東北本線の荷物列車が一番記憶に残っていますが、ギラリと輝く車体が荷物列車の中で目立つ存在でした。苗穂にはまだ残存していますね。
ワキ8000は客車なので、他の客車と組成するために暖房管の引き通しを(電気暖房車はEG配線も)持ちます。今回の製品は新製(改造)当初の形態ですが、後年のステップ増設後は手掛けの位置が暖房装置の種類で異なっていました。









■ワキ8000 新製車(SG:8000-8011 EG:8500〜8532)
ワキ8000新製車はスニ40後期車と同じくホームから操作しやすいように高い位置に側扉の戸閉め装置を持ちます。解放梃はワキ5000同様の貨車然としたものですが、梃受は縦樋を避けて妻板端に取り付けられています。
製造時は東海道から山陽、九州や四国に運用された蒸気暖房の引き通し管だけを持つ車輌と、東北や裏縦貫の広域運用に入った蒸気暖房と電気暖房両方の引き通しを持つ車輌が存在しましたが、後に全車電気暖房対応となっています。電気暖房対応車製作の場合は別売の電暖ジャンパ栓(1輌分500円)をご利用ください。1981(昭和56)年からはコキフ55000と台車を振り替えましたが、TR203とTR223Bではブレーキ装置が異なるため床下機器配置も変更されています。
価格は単品が43,500円+税、2輌セットが82,000円+税になります。

■ワキ8000(ワキ10000改)(SG:8750〜8792 EG:8950〜8955)
ワキ10000をワキ8000に改造した車輌は新製車の数を上回り、ワキ8000のマジョリティでした。元々が貨車だけに戸閉め装置や手掛けは地上から操作しやすい低い位置に取り付けられています。また10000系貨車独特の大型の解放梃は梃受を移設して継続使用されています(一部新製車と同タイプに改造例あり)。
新製車同様に蒸気暖房専用車と蒸機暖房と電気暖房両方に対応した車輌が存在しましたが、後に全車電気暖房対応となっています。電気暖房対応車製作の場合は別売の電暖ジャンパ栓(1輌分500円)をご利用ください。
価格は単品が43,500円+税、2輌セットが82,000円+税になります。

当店キットの通例通り、ワキ8000キットには床下機器や台車まで含まれますが、ビスやカプラー、金属線は含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方はコチラを御一読の上、9月1日(日)までにご希望のタイプと輌数をEメールでお知らせください。電気暖房車の電暖ジャンパ栓も同時にご注文いただいた方が確実に入手可能です。ご希望の方は車輌キットと同時に必要輌数分をご注文ください。また価格について「+税」と書いていますが、消費税が10%になる10月以降の発売を予定しています。

ワサフ8000の製作も考えていますが、ワキ8000の部材をそのまま使用することができない構造のため、どのような構成にするか考慮中です。あまり期待しないでくださいね(汗)