黒いワキ5000?🤔

 松本さんが撮影された「きたたから」の勇姿です。本務機C60にD51重連の補機がつく三重連。機関車の後ろがワキですから、奥中山を越えて来た上り列車ですね。許可をいただいてポストしています。

 特急貨物らしい三重連も素晴らしいですが、それに続くワキ5000の列も気になります。前から3輌目のワキの端梁には留置ブレーキを示す「Ⅱ」がありませんね。そして前位の台車脇の留置ブレーキもありません。これがワキ5000の第一ロットの証しですが、それでは他のワキは? 1輌目は留置ブレーキが見えないので第1ロット。2輌目と4輌目には留置ブレーキが確認できますが、4輌目は扉下側のレールが長いので1輌目、3輌目とは逆を向いた状態で連結された第1ロットです。おそらく2輌目も同じで、写真の4輌はすべて第1ロットだと思われます。

 それより気になるのは塗色。写真に写っている4輌のワキのうち、明らかにトビ色に見える3輌目以外の1輌目、2輌目、4輌目は黒色に見えます。松本さんは「日本鉄道以来の小断面のトンネルが勾配区間に連続しているところを三重連の煤を浴びながら連日走行するし、新車から次の検査まで洗車さえしなかったから」と、トビ色が汚れているのではないかというご見解でした。それにしても1輌目と2輌目は機関車より黒く見えます。登場半年ほどで、トビ色が隅から隅まで真っ黒に汚れるものなのか…。

 考えられる文献は漁ったのですが、黒色の塗色が書かれているものは見つかりませんでした。ワキ5000以前からワム80000はトビ色だったことを考えれば、黒色は無さそうですが、果たして。もし何かご存じの方がいたらお知らせいただければ有り難いです。実在した緑色塗装のワキ10000試作車ではないですが、ワキ5000にも色のバリエーションがあったとすれば…考えるだけで楽しいですね。