153系MM’ユニット冷房車です

 原型のモハ152+モハ153に続き、冷房改造後のモハ152+モハ153ユニットの予約受付を開始します。153系は165系より遅れて昭和44年度から冷房化が行われたため、165系で確立した手法での改造です。床下機器配置に余裕のあるクハに110kVAのMG を搭載し、自車を含め最大4輌まで給電。3相引き通し回路が新設されたため、各車にKE5ジャンパ連結器が取り付けられました。冷房装置はモハ152がAU72を搭載する以外はAU13で、165系のようにハザにAU12を搭載した車輌はありませんでした。
 急行用としては峠を越えた後の冷房化ですが、「伊豆」「東海」「山陽」など記憶に残る列車もあります。そして、それ以上に記憶に残るのは「新快速」用として多数の153系が白に青帯の専用塗装となり、京阪神間で大活躍したことですね😊 153系冷房改造車は急行よりも案外、新快速の方がイメージに残っている方が多いかも知れません。模型的にも6連でまとめやすいだけに、次に発売となるクハ153 0、クハ153 500とともにお奨めです。新快速塗装のMM’ユニットは下記D、E、Fすべてのタイプが存在しました。

■モハ152+モハ153 Dタイプ(1〜65):主電動機冷却風を床下から導風する1〜65までの初期車の冷房改造車です。台車はDT24。モハ164同様にM’がAU72を一基搭載し、冷房化後でも風口のないMR16抵抗器の車輌が多かったモハ153はAU13搭載でした。MR16C、DT24Aに変更された車輌をご希望の方はご注文の際にお知らせ下さい。


■モハ152+モハ153 Eタイプ(66〜81):157系での成功から主電動機冷却風を、埃、雨や雪の影響を受けにくい妻板のダクトから導風する形に改め、台車をDT24Aとした中期車とも言うべき66〜81のユニットを冷房改造。抵抗器は初期車同様にMR16です。


■モハ152+モハ153 Fタイプ(82〜161):後期にはさらに改良が進み、中期車の装備に加え、抵抗器中央にMG用風口を設けたMR16Cを搭載することになりました。このタイプは153系M車の製造輌数の半数を占めた多数派でした。新製時の避雷器は〜98がLA13、99〜がLA15です。ご予約時にご希望のタイプをお知らせ下さい。




153系冷房改造車は各タイプとも105,000円+税となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、ご希望のタイプ、数輌をEメールにて3月12日(火)までにお知らせ下さい。