165系第二弾はクハ165原形です

 165系第二弾は原形のクハ165です。プレスで作った前面や車体内側から彫り込みを入れて窓桟が車体ぎりぎりにつくユニット窓など先にお知らせしたクモハ+モハ同様の構成です。

 冷房化前、原形のクハ165は両栓構造でスカート下にはジャンパ栓が賑やかに並んでいました。長期に渡って作られたため、台車、床下機器に年次後との変化があり、趣味的に面白い165系ですが、クハも大別すると4タイプ。床下機器の違いを含めると8タイプの発売となります。各タイプの詳細は下記をご覧ください。

クハ165 Aタイプ

初期に製造されたタイプで雨樋が短く、乗務員扉上に水切りがつき、吊りフックが大きなオリジナルTR69を履いています。最初に上越線、中央線に投入されたのはこの初期車で「佐渡」の上野方の顔でした。新製時から2種類あるヒューズ箱は一枚蓋がA-1タイプ、分割蓋がA-2タイプとなります。

■クハ165 Bタイプ






初期車同様オリジナルTR69ですが、雨樋が乗務員扉上まで伸ばされたタイプ。TR69はDT32と異なりディスクブレーキですが、ベンチレーテッドになっているディスクとサイドフレームからのぞくキャリパーのステーまで表現しました。ヒューズ箱一枚蓋がB-1タイプ、分割蓋がB-2タイプです。

■クハ165 Cタイプ






台車が吊りフックの小さいTR69Bとなったタイプ。クハ165ではこのタイプが最多輌数となり、100輌近くが製造されたました。TR69BもTR69同様に穴あきディスクとキャリパーステーを表現。他のタイプ同様にヒューズ箱は2種類あり、一枚蓋がC-1タイプ、分割蓋がC-2タイプになります。

■クハ165 Dタイプ






165系の製造も峠を越えた頃、時代に合わせて水タンクがFRPに変更となりました。このFRPタンク装備車をDタイプとして発売します。この後、同じFRP水タンクを持つ冷房準備車に移行しました。ヒューズ箱一枚蓋がD-1タイプ、分割蓋がD-2タイプです。







 価格はタイプを問わず60,000円+税となります。当店キットの通例ですが、車輪、高圧ヒューズ箱、カプラー、M1.4とM2.0のビスなどが含まれていません。今回の製品は注文生産になりますが、ご購入の際はコチラを一読の上、4月17日(火)までにEメールでお申し込みください。