1/87コキ10000/コキフ10000キットの予約受付を開始しました

 レサ10000を製作してから少し時間が空いてしまいましたが、当店のプラスチック/ブラスのハイブリッド製品第二弾はコキ10000とコキフ10000のキットです。

 キャラクターが立ちにくい貨車の中で国鉄で
唯一青15号に塗装された10000系列の高速貨車は際立った存在でした。高速特急貨物列車、特急貨物列車、特急貨Aなど時代ごとに速達列車種別の頂点に君臨した車輌の詳細や歴史は専門誌にお任せますが、様々な高速走行用特殊装備が魅力を醸しだし、それ故の高コストが命運を決めてしまった…国鉄貨物列車の100km/h運転は10000代だけに許された領域ですが、その中心となる車種がコキ10000/コキフ10000です。

 東京・名古屋・大阪〜九州の高速特急貨物列車に始まり、札幌行き「ほっかい」やフレートライナーの顔でもありました。牽引機の顔触れもEF65 500Fに始まり、10000系のために生まれたEF66、東北本線でのEF65 1000、ED75 1000、そしてDD51と、特急旅客牽引機同様に幹線のエース機関車が並びます。短い活躍期間を思うと切なくなりますが、50番代前半の列車番号にこれほど相応しい貨車はありませんでした。

 北海道行き編成が青函の航送能力からコキフ2輌入りの19輌に制限される以外、コキフ1輌もしくは2輌入りの24輌編成が基本。誰もがフル編成志向ではありませんが、輌数が必要な車種だけにプラスチックパーツを中心に短時間で組めるよう配慮してあります。コキ10000は一見、コキ5500の中期以降と同じ車輌に見えますが、台車中心間距離や魚腹の形状が異なるのが悩ましいところです。とはいえ専用設計が一連の高速貨車の証ですね。

最も華やかだった時代の1種コンテナ5個積み状態では台枠以下は見えないため、製品では本来存在しない床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は89〜96g(コキ実測値)と安定した走行に過不足ない数値となりました。TR203に装着されたデルリンの軸受けと相まってフル編成で実物通りの牽引が可能です。

コキ列車の魅力にコンテナのバラエティがありますが、今回はプラスチック製で6種類を用意しました。*キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。

コキ10000  (各コンテナが5個付属します) 寒冷地用連結器カバー入れなどは別部品のため暖地/寒地用の作り分けが可能です。





■コキ10000 / 6000コンテナ搭載車 単品: 22,000円+税/2輌セット: 40,000円+税
1960年(昭和35年)から5000個以上製造され、’60年代前半に最もベーシックだったのが6000コンテナ。初期は淡緑3号で、その後、1964年(昭和39年)以降は黄緑6号に変更されていますが、コキ10000登場当時は淡緑3号の6000を搭載したカラー写真も存在します。側板上部の空気抜きまで再現しました。






■コキ10000 / 7000コンテナ搭載車 単品: 25,000円+税
6000をを側板両側の二方開きにした形態が7000。側板に扉があるため模型的には楽しい形態です。締結装置は実車通りキャッチ=車体色、アンカー=コンテナ色の塗り分けも容易にできるように考慮して別部品としています。


■コキ10000 / C10コンテナ搭載車 単品: 22,000円+税/2輌セット: 40,000円+税
C10番代のコンテナは1種11ftコンテナの最後を飾るシリーズで、1966年(昭和41年)コキ10000と共に華々しく登場し、1969年(昭和44年)までに1万5000個以上が製造された高速貨物列車の顔とも言うべきコンテナです。


■コキ10000 / C11コンテナ搭載車 単品: 25,000円+税
C6000と共に1966年(昭和41年)に登場し、7000個近くが製造された三方開きコンテナです。C10、C11ともに側板には波形のプレス板を使っていますが、Rのついた形状はエッチング等では再現が難しく、インジェクションならではの丸みを帯びた凸凹表現となっています。


■コキ10000 / R10コンテナ搭載車 単品: 24,000円+税
■コキ10000 / R12コンテナ搭載車 単品: 25,000円+税
1961年(昭和36年)から1500個余りが製造されたR10は昭和30年代〜40年代の断熱仕様の標準冷蔵コンテナです。北海道から東京への鮮魚特急のイメージが強いコンテナですが、東海道、山陽筋の高速貨物列車にも多く見られました。
R12は1967年に枝肉輸送用として400個が製造され、内部は2段の棚または140本のフック取り付けが可能でした。
白いコンテナばかり連ねた列車、緑の中に何輌かが混じる列車、いろいろ妄想させられます(^^ゞ

コキフ10000
寒冷地用の連結器袋収納箱やコキフの出入り扉等は別付のため暖地/寒冷地仕様が作り分け可能。EF59との走行中解放を行うための電連も装備しています。 各コンテナが4個付属します。

■コキフ10000 / 6000コンテナ搭載車 単品: 28,000円+税


■コキフ10000 / 7000コンテナ搭載車 単品: 31,000円+税


■コキフ10000 / C10コンテナ搭載車 単品: 28,000円+税


■コキフ10000 / C11コンテナ搭載車 単品: 31,000円+税

■コキフ10000 / R10コンテナ搭載車 単品: 30,000円+税
■コキフ10000 / R12コンテナ搭載車 単品: 31,000円+税

コキ10000/コキフ10000をご希望の方はコチラを御一読の上、11月30日までにEメールでお申し込みください。発売は12月を予定しております。完成品については需要次第で考えようと思っています。ご希望の方はお問い合わせください。