1/87コキ19000キットの予約受付を開始しました






 コンテナ貨車の王様の登場です!*個人の感想です
 コキ19000は20ftコンテナを搭載するフレートライナー用として1969年に製作されました。海上コンテナと同じ規格を持つC900、C901などの20ftコンテナと10ftコンテナ両方を搭載可能とし、さらに40ftも積んでやろうという着脱式の締結装置を開発。海上コンテナが10ft用締結装置を跨いで搭載されるため、全高を限界内に収めるように車体はコキ10000より90mmローダウンされています。完成と同時に20ftコンテナの需要がある汐留~梅田間に投入され、後に汐留~東広島間でいずれもコキ10000と一緒に組成されました。

 製品は3輌セットになりますが、試作要素の大きいC900系のコンテナはエッチング+ロストです。片開きコンテナのC900は天枠の太いものと細いものの2種類。両開きのC901は鋲接、溶接、鋲溶接の3種類。C900の天枠の太いタイプが2つ入るので合計6個です。10ftコンテナはプラ製の6000が付属します。

 コキ19000はコキ10000と異なりコンテナ搭載状態で台枠が見えるため、床板をカットして取り付けるための台枠パーツと、さらに凝りたい方のために空気配管と電気配管の図面が付属します。20ft用締結装置は多数派だったツイストロック。価格は3輌セットで76,000円+税となります。

 また今回はコキ19000と組成するために必要なコキ10000、コキフ10000も再生産します。前回製作したタイプはすべて製作可能ですが、再掲するにはタイプが多すぎるため、詳細や金額は前回の広告をご覧ください。

コキ19000/コキ10000/コキフ10000をご予約希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで2月7日までにお申し込みください。