2軸貨車第三弾: スム1/ワム20000キットを製作します

 スム1は大正15(1926)年にワテ45000として登場した鉄側有蓋車です。ワム3500のモデルチェンジ版として約4,000輌の大所帯となり、形式名はワ45000を経て昭和3年称号規定改正でスム1となりました。ワム3500の木製部分を鋼板で置き換えた車輌ですが、部材の薄さだけ広くなる荷室を考慮し高さを100mm低めてワム3500と容積を揃えています。

 台枠は当初から自連を考慮したものでワム3500とは各部寸法が異なるために製品でも新規で製作となりました。走り装置は嵩上げされたシュー式で、板バネ長はワム3500の1200mmに対し1100mmmとなっていました。スム1の最終グループ500輌は木製内張りを設け、一段リンクを装備したワム20000として登場しています。

 スム1はヨンサントオ時点で1500輌近くが残存していましたが、無改造のまま北海道に封じ込めとなり昭和40年代後半の終焉を迎えています。私鉄では東武、西武、秩父、長野電鉄、関東鉄道、三岐などにも同系車(もしくは払い下げ車)が存在しました。一方、ワム20000は車輌不足からヨンサントオで260輌が高速化改造の対象となり二段リンクに改造され、昭和54(1979)年まで残存しました。木造車に比べて補修が容易な鉄側が長命の理由だったのだと思われます。

■スム1原型キット
軸箱守はアングルを組み合わせた原型。戦前に止まらず戦後も更新されずにこの形態を長く止めた車輌も存在し、私鉄の在籍車は多くがこの形態のままで昭和40年代まで使用されていました。価格は36,000円+税となります

■スム1更新キット
漏水で腐食した側板下部にパッチを当てた昭和30年代〜40年代に多く見られた形態。腐食の進行に合わせて様々な大きさの当て板が見られますが、標準的なものを模型化。軸箱守はプレスの新型。価格は37,000円+税となります

■ワム20000キット
スム1同様に見えますが、縦柱にある内張留めボルトがワム20000の特徴。スム1のシュー式に対し一段リンク(ヨンサントオを前に二段リンク改造)の走り装置を持ち、軸箱も大型です。価格は36,000円+税となります

各キットともビスや線材など一般的に手に入る部材は含まれておらず、指定車輪も別購入となります。スム1/ワム20000キットご希望の方はコチラを御一読の上、10月8日(木)までにEメールでお申し込みください