5月の営業について(続編)

緊急事態宣言が5月末まで延長されたことに伴い、特定警戒都道府県に含まれる東京都は従来通りの自粛が求められることになりました。小規模な模型店は休業要請ではなく休業協力依頼ですが、ここで沈静化させなければ社会全体が耐えられないところまで来ている状況を鑑み、5月末まで店の営業は行わないことといたしました。状況が変われば要請や協力依頼も変化するとのことですが、東京の状況を鑑みると今月の営業は難しいと考えています。