投稿者「admin_kawada」のアーカイブ

異色のキロハ/キハ18とキハユニ。WWキットのご案内

 Wester Wiese10系気動車キット第5弾は、一般型気動車では異色の存在だった運転台を持たない中間車のキロハ18とキハ18。さらにキハ16改造のキハユニ18。キロハ18とキハ18は専用の空気暖め器や扇風機カバーなどを新規に製作しての模型化です。

 製品のキロハ18は、前期形の1~5で原型(Aタイプ)と扇風機取付後(Bタイプ)の2種類。東京〜千葉方面に使用された後、関西線の「かすが」や日光行きの快速列車に投入されました。キハ55登場に合わせて一般色旧塗装から準急色へ塗り替えられたため、一般色の新塗装を纏うことはなかった異色の車歴です。準急色時代に扇風機が取り付けられ、「ときわ」「かすが」「ちどり」が代表的な列車ですが、後発の優等車の登場で高松へ集結。四国内の準急等に使用された後、キハユ15とキニ15に改造されて1961年に形式消滅しました。同じ準急色ながら車体断面の大きなキハ55の間で肩身が狭そうにしているのも面白いですが、旧一般色に二等車部分だけ青帯を巻いた合増車らしい出で立ちも面白い存在です。
■キロハ18 Aタイプ 原型のベンチレーターだけのもの。日光快速や「かすが」に使用


■キロハ18 Bタイプ 2等車部分に扇風機が取り付けられ屋根上のカバーが目立ちます

 キロハ同様運転席を持たない中間車のキハ18は前期(1〜15: Aタイプ)と後期(16〜31: Bタイプ)の両タイプを発売。前期Aタイプは全室クロスシートで旧台枠のためスマートな外観を持ち、千葉に新製配置後、電化まで活躍。その後は郡山、美濃太田、岡山、小郡、直方、長崎などへ転属しています。私は千葉だけでなく美濃太田でも実見していますが、運転席のないキハ18は独特の外観から目立つ気動車でした。後期Bタイプは扉部座席がロングシートで新台枠。新製配置は田端、千葉、奈良、岡山、徳島で、田端所属車はキロハと組んで日光快速に使用されました。

■キハ18 Aタイプ 戸袋部がメクラで小さい車体断面もあって実際より長く見える車体ですね

■キハ18 Bタイプ こちらは新型台枠で扉まわりがロングシートの増備型

 キハユニ18はキハ16の1~69を改造したタイプ。相次ぐ新型気動車の投入で捻出されたキハ16を昭和41、42年に8輛改造。盛岡、郡山、新潟、岡山、浜田、小郡に配置され、各地の路線で使用されました。その後3と6以外はキユニ18に再改造されています。






上記製品を完成させるには、このキットの他にイモンギア、IMONミニモーターなどを、別途購入して頂く必要があります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。
価格
キロハ18 Aタイプ(一次車原型)48,000円+税
キロハ18 Bタイプ(一次車扇風機改造)49,000円+税
キハ18 Aタイプ(一次)48,000円+税
キハ18 Bタイプ(二次)48,000円+税
キハユニ18 50,000円+税

 注文生産のため、ご希望の方はコチラを御一読の上、8月4日までにEメールでお申し込みください。

7月の店舗営業日です

店舗営業は

7月7日(土)13:00〜17:00* 工房ひろ月井さんが店頭にいらっしゃいます
7月14日(土)13:00〜17:00
7月21日(土)13:00〜17:00

の3日だけです。諸般の事情でロクに営業できずに申し訳ありません🙇
8月も4日(土)は出張のために営業できないことが決まってしまっているんですが、その後は…調整して、またお知らせするようにいたします。

ホキ1。完売しました





なんとなんと予約締切日の前に予約で製造数がいっぱいになってしまい完売です〜。ご予約いただいた皆さん、ありがとうございました。脇役的な貨車だったので、あまり数を作らなかったんですが、意外(?)な好評ぶりにびっくりです!

モハ164 800番代が登場です!

 165系の活躍した二大路線は上越線と中央東線ですが、シリーズ第四弾はその中央東線用165系の核心となる低屋根車、モハ164 800番代です。モハ164 801の製造日はモハ164 1と同日の昭和38年2月22日。低屋根車の歴史が165系の歴史と同時に始まったことがわかります。
■モハ168 800 A-1…タイプ

 若番の800番代は波動用にモハ165と組成され、臨時準急などに投入されましたが、中央東線の電化は上諏訪までの時代。キハ58に代わる165系による定期急行は1965年(昭和40年)松本電化完成に合わせた「アルプス」登場まで待たねばなりませんでした。この本格投入を迎えた時点で165系は進化が進んでおり、台車はDT32B、延長雨樋と、上越線の主力とは趣の異なる165系が中央東線の主力となったわけです。

■モハ164 800 A-3タイプ

  中央東線、身延線以外必要とは思えないモハ164 800番代ですが、小は大を兼ねることから将来の転属に備えて最終的に60輌以上が製造されました。山陽地区に新製配置された800番代は耐寒設備を持たない暖地型で、廃車になるまで一度も中央線を走らなかった車輌もあるなど、国鉄の鷹揚さが窺えます。若番のモハ165とのコンビはその後、中部に転じて飯田線などでお馴染みでした。今回は原型、冷改車を同時に発売します。
 製品は春先に発売したモハ164普通屋根同様ですが、低屋根部分は昨年販売した101系800番代同様にロストワックス製。台車、パンタ、床下機器まで付属しますがビスなど手に入り安い部品は含まれていません。価格は66,000円+税となります。注文生産となりますので、ご希望の方はコチラを御一読の上、ご希望のタイプを明記の上、7月1日までにEメールでお申し込みください。
 またこの機会に既発売のクモハ、クハをご希望の方は今なら各タイプをご用意できますので、お知らせ下さい。

Wester Wieseチキ(コキ)5500キットが登場です

 固定編成が前提だったチキ5000を全国展開させるのに当たり、解結を考慮して車体延長とデッキ取り付けを行ったのがチキ5500です。1965年(昭和40年)にコンテナ車の称号変更でコキ5500となっていますが、店主世代はやはりコキ5500の方がピンと来ますね😊 コキ5500は形態を変えて増備されていますが、縦梁の多い一位と二位で異なる側梁を持つコキ5500はこのチキ5500由来の初期に製造された車輌だけです。新製直後から「ほっかい」「こがね」「ゆたか」「西たから」さらに「たから」の増発と、この貨車のお陰で北海道から九州までコンテナ車が初めて行き渡ることになりました。

チキ(コキ)5500: 5100コンテナ搭載車

 製品のプロトタイプは5500〜5573、5574〜5601等で、5602〜6333もほぼ同様の外観。デッキの踏み段は初期の小型のものと、保安度向上で大型化された2種類の作り分けが可能。Wester Wiese/FABの他のコンテナ車同様、コンテナ5個積み前提で本来存在しない床板にウェイトを兼ねて真鍮板を使用して90g前後の車重を確保。牽引しやすく、走行安定性の高さを目指しています。
チキ(コキ)5500: 6000コンテナ搭載車

 発売されるのは搭載するコンテナ5個が付属した3タイプ。チキ5000以来お馴染みの5100搭載車と国鉄標準コンテナとなった6000搭載車は2輌セットで、7000コンテナ搭載車は単品での販売となります。

■チキ(コキ)5500: 5100コンテナ搭載車2輌組 48,000円+税
■チキ(コキ)5500: 6000コンテナ搭載車2輌組 40,000円+税
■チキ(コキ)5500: 7000コンテナ搭載車単品 26,000円+税
※発売は7月下旬頃を予定しています。キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。

本製品は注文生産となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで6月24日(日)までにお申し込みください。

「第二たから」等を再現出来る様。追ってワキ1やワムフ100の製品化も予定があるそうで楽しみです。店主の場合「北海」「北たから」と妄想しますが、何輌買えばいいのか…う〜ん天文学的数字になりそうな…💦

まだまだ続きますよ急行電車。今度は169系です

 165系に続いて1/87で初の製品化となる169系キットの登場です。もはや説明の要もありませんが、EF63との横軽協調運転可能な初の電車として165系900番代が昭和42年に登場。それまで電車は8輌に制限されていた同区間で12輌運転を実現し、昭和43年から量産に移されました。
 165系をベースとしているため、多くは略同なのですが、EF63との協調用に床下機器やジャンパ栓に差異が見られます。電磁弁が2連になっていたり、協調装置の箱がついてたりと碓氷のための装備が好きモノにはたまりませんです😊 
 今回は冷房準備車の冷房搭載後と新製冷房車を作り分けられるように模型化しています。900番代は…新前橋車は使い道に困る、と言いつつ欲しいんですが、どうしましょう💦 サロとサハシは後ほど発売です。

 信越方面に出かけることの多かった私は165系列の中でもっともお世話になったのが169なのですが、「志賀」、「信州」、「妙高」とどれもが思い出深い列車です。
 とくに「志賀」。屋代駅の渡り線を無理矢理(?)長野電鉄に入り、鄙びた線路を走り始めると山登りやスキー気分が高まったものでした。
「志賀」の指定席は上野発の「下り」は「みどりの窓口」で買えたんですが、「上り」は長野電鉄内始発なので湯田中駅で着席券を売っているというトリッキーなもの。「下り」で湯田中に到着した時に忘れずに後日の「上り」の着席券を買っておかないと席にありつけなかった記憶が…なんでもネットで済んじゃう今時では考えられない話ですねぇ。
 169系があればとうぜん次はEF63ですが、こちらも来年以降になんとか(^^ゞ

■クモハ169
EF63と繋がる横軽協調の要となったクモハは開磁接触器が搭載され、ただでさえスペースのない床下がさらに満載状態。KE70ジャンパ栓もクモハ169の証明です

■モハ168
165→169でもっとも変化が少ないのがモハ168。同時期に製造されたモハ165冷房準備車/新製冷房車と同形態です

■クハ169
165と異なり169は中間車と先頭車が連結されることがなくクモハと同数のクハが製造されました。クモハ同様前頭部に予備笛がつき、シャッター付きタイフォンです

165系と異なり、169系は編成の中で中間車と先頭車が連結することがない綺麗な編成が特徴でしたね。定番は 上野←Mc+M’+Ts+Ts+Tb+Tc+Mc+M’+Tc+(Mc+M’+Tc)→長野 で、カッコ内の3連は「志賀」になったり、つないでいなくて9連だったり、時には上野-高崎間の増結だったりしたこともありました。横軽対策で編成が逆を向いているのは165の新前橋車と同じです。

価格はクモハ、クハが65,000円、モハが53,000円となります。キットには車輪、動力、ビスなどは含まれておらず別購入となります。製品は注文生産のため、ご希望の方はコチラを御一読の上、6月11日(月)までにEメールでお申し込みください。発売は7月から8月を予定しています。