将来の製品?」カテゴリーアーカイブ

ホキ5700を作ります…というか悩みます、ですね😵

 ガキの頃からコイツを見て育ったワタシ。当時の下板橋ヤードは出入り放題で、ホントに目の前で見ていたわけですが、箱形やカマボコ、それにこのホキ5700と、エアスライドホッパーの巣窟でした。袋詰めセメント用の秩父のワキ800やワム80000も来ていましたねぇ。
 ちなみに日本で最初のセメント工場もFABから歩いて5分。ここは小僧のとき大宮のD51ウォッチングポイントでありました(^^)v
 さて、セメントの街の模型店だけに、粉物(笑)貨車には目がないわけですが、その中でも秩父セメント御用達のようなホキ5700はいつかは作ろうと思っていた貨車のひとつ。やっと資料もまとまり、形になりそうな感じになってきたので、模型制作を開始しますよ〜。
 ホキ5700はセメント用タンク体(というのでしょうか?)というか容器を台枠にめり込ませた独特のデザインで、タキ1900に次いで輌数が多かった貨車ですが、ほぼ日車の専売特許的に大量に生産された割りにはロットごとの差異もいろいろあって悩ましい車輌でもあります。私は秩父セメントがあればハッピーですが、小野田セメントとかも欲しい人、いますよねぇ。
 すべてをブラス製にするとタンク体の梁をつけるのが修行になってしまうので、ここはインジェクションで作って一体化😉 またしてもコストが悩ましいですが、この貨車は売れなくても大丈夫。私が40輌くらい必要ですので(^^ゞ 基本的な構成や、どのロットを作るかの考えはまとまったので、今度は形にしていく作業に入ります。これまでのレベルを超えたホキ5700を作りますので期待してくださいね〜。

小人閑居して不全を為す?😨









こういうのはいつもはFaceBookネタなんですが、サイトの編集ページ開いちゃったので、まずこちらに…
みなさん、飛行機は好きですか?
私は腰が痛くなるので、とてもイヤなんですが、世の中のほとんどの場所は鉄道では行けませぬ。近場ならいいけど、12時間や13時間だと、寝たり座ったり映画みたりしてもまだ5時間あるので…ついついお絵描きしちゃったり…(^^ゞ 
で、この貨車はどうよっ!?😜
戦前のライヂングサン石油も、戦後のシェルも、ヨンサントオどころか1970年代まで通用する(年代毎に細部は異なります)潜水艦状態のたまらないデザインであります。
オフセットしたドームに弓形台枠。ハリネズミみたいなリベットもいいねぇ。
だけど、またしても赤字必至商品? 知ってる人は10人に1人いるかいないか、ですよね…作っちゃおうかどうか、お財布の中をもう一度見てから考えましょう😨
フライトの暇潰しに描いた絵なので、ドームの大きさもタンク端Rも台枠も、模型化を志す人がいたら参考にしないでくださいね。責任取れませんよ〜。

バキュームブレーキ…もうちょいです


img_1397ちょこちょこ作り続ける或る列車用パーツ(^^ゞ
バキュームブレーキのシリンダーにリンク類の試作を前に悦に入ります。本来あるべき台枠がないので中央寄りのステーも延長してフラットな床板につくようになってますが、シルエットだけでもなかなか。
電池箱も2列なのか厚さがあって独特ですね〜。

某私鉄用台車&パンタ


img_1324私がほっつき歩いている間でも鋳造屋さんやエッチング屋さんは働いています。で、こんな感じになってまいりました。ちょびっと様子見て問題なければ量産にかかります。もうちょっとだけお待ちください〜。
img_1326
いまさらなんですが、G=16.5mmの台車作るのって初めてでした(^^ゞ 日光の車輪、サイドフレームと枕梁をとめるサイドビス…どれも馴染み深いはずだったのに、手にするのは何十年ぶり? 日光の車輪の規格、いつの間に変わってたんですね〜。あれ同じか?

これならイケる!?


img_3172なんとも悩ましい両開き4枚扉の通勤電車の窓柱。16番ではカワイ、カツミに、あ、シノハラも持ってましたが、ザンネン感満載でした。で、製作中の101系のテストピースはコレ。乞うご期待!

20系電源車製作中


kani21

 予定より時間がかかってしまっていますが、20系電源車としてマニ20/カニ21を製作中です。年代や製作メーカーによって細部の異なる電源車ですが、今回の製品は日車製がプロトタイプ。IMG_1881
前頭部はナハフ20/ナハネフ22同様ロストパーツを使用し、嵌め込みのHゴムとなります。
運転中でも止まったままではナンなので、どうにかしたかった冷却ファンは可動。上から見る機会が多い模型だけに、走行時の実感味を増すように考慮しました。