店主敬白」カテゴリーアーカイブ

C62 23で溢れ出すアドレナリン!

 Pinecone Productsの松川さんがC62を仕上げてくれました。23号機はC62にとってだけでなく日本の蒸気機関車にとって最後の特急、昭和42年9月30日の6レ「ゆうづる」を牽いた機関車です。
 山陽本線の電化そして東北本線「はくつる」牽引機がDD51に変わったことで消えた蒸機特急は昭和40年10月に常磐線の「ゆうづる」で復活。昭和42年10月の電化までという期限の切られた2年間に平区のC62が投入されたわけですが、その詳細は交友社のSL No.9に記されています。

 平-仙台151.3km。アップダウンが伴うルートを現車13両換算41両の「ゆうづる」はノンストップ2時間15分で走破しました。その5年前の「はつかり」でさえ2時間20分。誕生から20年近くが経つC62で平均70km/hに迫る運転を不安視する声が多かったというのには頷けます。
 停車駅が多いとはいえ震災前の651系で1時間59分。50年以上前の蒸機による2時間15分がいかに過酷であったことか。

 私より一世代上の方は早朝ギリギリの撮影可能時間帯を狙って平詣でを繰り返されたそうで、松本さんの名文を読み返すたびにワクワクしますが、私の時代にはC62特急はもとよりC62急行さえ消滅してしまっていただけに、常磐線で繰り広げられたハドソンの競演は神話の世界です。

 そのC62特急を目の前で再現できるのが模型の良いところですが、私は松川さんに仕業番号「1」を入れてもらいました。平機関区SL甲組仕業番号1は平-5レ-仙台−6レ−平。庫から出てから帰ってくるまでわずか5時間22分。その間、特急だけを牽引する栄光の仕業でした。そしてこの仕業に専ら充てられていたのが平の最好調機、C6223。煙突が少し短いC62 23と20系を前に今日は至福のひとときであります。さぁ、20系塗らなくちゃ!

バキュームブレーキ…悩み多し(>。<)


vacum1vacum2

















vacum3ズルズルと台車が進行中の或る列車もそうなのですが、中型小型木造車に鋼製初期の優等車やオハ31原型を作ろうとすると避けて通れないバ キュームブレーキ。1/80でも市販パーツに恵まれませんが、私のラインナップを完成させるために作りしかありません(^^ゞ
でも車種によって真空シリンダーの大きさが違うし、横置きの空気ブレーキなら目立たない解放時と差動時のロッドとリンク/アームの位置が縦置きでは…う〜ん。
さらに悩ましいのは、ちゃんと台枠が作ってある模型ならホンモノ通り取り付けられますが、台枠がなかったり、簡易的についていたり、いい加減な台枠だったりすると取り付けようがない…(>_<)
ある程度汎用性を持たせたいので、もうちょっと悩みます!

D&RDW F81グリーンボイラー


01










元綱さんが送ってくれたD&RGWのF81。ディティールに手を入れてグリーンボイラー塗装に仕上げられました。
1979年製の模型なので最初からバックプレート付きで缶モーター。走行系は調整だけでよく走るそうです。
フライングヘラルドとグリーンボイラーの組み合わせはレアですが、模型的にはイイなぁ。

いや、キレイですね〜♪


IMG_1635お客さんの後藤さんが撮影されたカシオペアの画像を送ってくれました。あと1ヶ月ないんだなぁ…ホントに季節の巡るのは早い。私にとって、ここはEF56、EF57の撮影場所だったですが、40年前の話になってしまいました。EF57は車齢40年に満たずに廃車になったことを考えるとオソロシイです^_^;

“或る台車”?

DSCF0884昨年、モデルワークスで車体を発売して以来、音沙汰ナシでご心配をおかけした”或る列車”ですが、テユはともかく、それ以外に使える台車はここまで進みました。
DSCF0888
コスト面でいろいろ悩ましいところはあるのですが、寄せ集めの部品を私のハンドメイクで(コストカットのために必要です)でっち上げた割りには立体感出てると思います(^^ゞ

軸受けはレサ/レムフにも使用して転がりでは定評のあるデルリン製。またブレーキシューは燐青銅の内張と一体のエッチングとする予定です。3軸台車の場合、いつも問題になるのが中DSCF0892央の車輪の受け方とボルスター位置ですが、こちらもいろいろと熟考中。

まだまだ時間はかかりますが、完成の目処が立ったら”或る列車”お買い上げの方にはご連絡致します。”或る列車”は買わなかったけど台車だけ欲しい」と方はメールいただければ余分に作るようにしますね。