新製品」カテゴリーアーカイブ

ワム3500キットを発売します

 大正〜戦前を代表する有蓋車で昭和40年代まで残ったワム3500が登場です。大正3(1914)年に鉄道院が製造を始めた標準有蓋車ワム1は、後藤新平と島安次郎の標準軌化計画の一環として、大正6(1917)年に長軸を採用したワム32000(後のワム3500)にマイナーチェンジされました。
 当時としては約2000輌という一大勢力だったワム1に対し、ワム3500は製造途中で一段リンクからシュー式への走り装置の変更があったものの、大正14(1925)年までに12,000輌近くを製造。戦前の有蓋車の完成形であるワム23000が6,500輌。ワム21000は1,000輌だったことを考えれば、ワム3500の輌数は圧倒的です。西尾さんの写真集を始め、戦前の貨物列車の写真には必ずと言っていいほど写り込んでるわけですねぇ。


■ワム3500キット タイプA 一段リンク 妻板補強長


■ワム3500キット タイプB 一段リンク 妻板補強短・2タイプ製作可能

 もちろん製造当初はリンク式カプラーにバッファー付きで、貫通ブレーキは装備されていませんが、大正14年の連結器一斉交換で自連化。昭和の始めにブレーキシリンダーを装備して空制化されています。供出や戦災を乗り越えて戦後でも1万輌近くが残り、昭和30年代からは事業用車やスム(鋼製側板化)、家畜車への改造も行われましたが、ヨンサントオ時点で6000輌以上が残存。以降もロ標記となり、黄帯をまとった約1000輌が北海道内を中心に走り続けました。譲渡も多く、地方私鉄や臨港鉄道、炭鉱鉄道で散見されます。現在でもワム7055が梅小路に保存されていますが、車齢100年!



■ワム3500キット タイプC  シュー式 妻板補強長


■ワム3500キット タイプD シュー式 妻板補強短・2タイプ製作可能

 製造時の形態変化や後天的な改造によって様々なタイプが存在したワム3500ですが、今回は鉄扉で昭和に入って車体補強が施された2タイプx2種類の軸箱保持装置=4タイプを製作します。戦前までの貨車は極端に小さい軸受を使用しており、模型化の際のネックとなりますが、今回はスケールに近いサイズの軸受を製作いたしました。
 キットにはビスや線材など一般的に手に入る部材は含まれておらず、指定車輪も別購入となります。価格は単品30,000円+税、2輌セット55,000円+税。 下表をご参照ください。
 ワム3500キットご希望の方はコチラを御一読の上、4月24日(金)までにEメールでお申し込みください。

WWからキニ55キットが登場です。キハ51キットも再生産

 Wester Wieseからキニ55が登場です。マニアックな車種ですが、架線の下で黒煙上げている姿は東京のファンなら忘れられない名物でしたね〜。
 国鉄初の本線上の交流/直流切替となった常磐線電化ですが、交直流電車は高価なために荷物電車は製作されず、当初はキニ16での対応となりました。しかし電車化によってスジが立った線区で1エンジンのDCを走らせることには難があり、これに代わるべく昭和40年に2エンジンのキハ51を改造したキニ55が登場。上野~水戸間で2~3輛編成で運転されました。
 キニ56や58が登場後、キニ55は架線の下を離れて水郡線などでも使われるようになりました。電化区間を全開でかっ飛ばす姿は常磐線名物?で、その用途からか10系気動車最後の現役車となり、昭和59年まで活躍しました。製品は豊富な資料を元に実車を忠実に模型化、たった4輛なのに外観は3タイプあり、どの姿にも組み立てられるように配慮されています。

 今回のキニ55と合わせてキハ51の再生産もアナウンスされています。

 キニ55、キハ51の両キットは完成させるためにイモンギア、IMONNミニモーターなどを、別途購入して頂く必要があります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。
価格はキニ55が53,000円+税、キハ51が51,000円+税となります。ご予約をご希望の方はコチラを御一読の上、3月31日までにEメールでお申し込みください。

スニ40/スユ44インレタ(ワキ8000も少し)

昨年末にキットを発売したスニ40/スユ44のインレタが出来ました。このインレタでスニ2両、スユ1両ができます。またパレット搭載位置標記は前回のワキ用インレタでは入れられなかったワキ8000用も3輌分入っています。当店のインレタでは珍しく多色刷りのため価格は3000円+税になってしまいました🙇 インレタはモノによって大量に出たりあまり出なかったりで生産量が悩ましいのですが、あまり大量には作りませんでした。通販の方もですが、店頭で受け取りご希望の方も事前にお知らせくだされば確実です。

コンテナ車シリーズ最終回?…チラ1/コラ1です

 昭和35(1960)年に製造開始のチキ5500(後のコキ5500)は当時の地方線区にはコンテナ5個搭載が過大だったこと、製造費が高額だったことなどから製造が中断され、輸送量や実情に則した2軸車が製造されることになりました。こんな事情から登場したチラ1は10m超という国鉄2軸車最長のヨーロピアンな印象持つ車体で、昭和37(1962)年に55輌を製造。東京を起点に札幌、新潟、名古屋、広島、福岡へ運用を開始し、それまで東京-大阪専用だったコンテナの全国展開を担うことになります。本線の主要貨物列車に使用されたことから牽引機は各線のエース級が揃い、東海道山陽はEH10、D52。「ほっかい」はD51三重連で奥中山を越え、北海道内はD52、D51。新潟行き「こがね」はEF16+EF15で上越国境越えでした。

1960年代の代表的な冷蔵コンテナR10(旧形式100)搭載のチラ1。鮮魚輸送に使用された東北筋でのエースでした。


6000、7000、R10搭載のチラ1。側面に扉を持つ7000はチラ1のために生まれたような形式。簡素なステップや手摺がチラならでは。



 こうして全国運用が始まったチラ1ですが、コンテナを常時3個積みという搭載規則によって運用が制限されたことや需要が高まってきたことから製造は1ロットだけとなり、以降はチキ5500が製造を再開されています。チラ1は昭和40年に形式称号変更でコラ1となり、それからしばらく経った昭和41〜42頃には本線の直通貨物から地域間輸送に転用され始めました。華の時期は短いですね…。末期の写真が多く残りますが、製造最初は75km/hだったのに黄帯…^_^; やはりD52の牽く山陽本線の長大貨物や松本さんが撮影されたチラ1組成のD51三重連「ほっかい」を再現したいところです。

R10搭載のコラ1。コラに称号変更された後、長距離運用から退き始め、最後の運用は釧路からの鮮魚輸送でした。


6000、7000、R10搭載のコラ1。北海道や東北などの地域間輸送で見られた形態。コラ1はステップ、手摺などの保安度向上改造後の形態です。

 
 チラの1模型化で悩ましいのは線の細さ。側梁は頑張ってもスケールの2倍になるほど極狭で、そこから生える軸箱守も模型として成立しそうもない薄さです。T断面のややこしい形状を持つ横梁は全ロストワックスも考えましたが、いずれにせよ細い側梁は再現が困難な上、作ったとしてもすぐに壊れちゃいそうなので、既発売のコキシリーズ同様にコンテナ搭載状態で形態が整うよう工作を容易化しました。ただしチラ1/コラ1で目立つ長軸故の飛び出した軸箱はバッチリ表現。チラは幹線貨物列車に組み込まれた当時の原型。コラは手摺などが保安度向上改造後の形態になります。コンテナは既発売のコキ同様にインジェクション製。キットには車輪、カプラー、ビス、真鍮線などは含まれていません。

チラ1/コラ1キットは表(2020/2/4 搭載コンテナを追加しました)の通りとなります。注文生産のため、ご希望の方はコチラを御一読の上、2月25日(火)までにEメールでご予約ください。コンテナ数が限られているため品切れの際はご容赦ください🙇

サロ153 900で153系完結

  155系のご案内でもポストしましたが、サロ153 900を製作します。急行用電車でリクライニングしない回転クロスの並ロはサロ153が唯一ですが、その中でもEF10に続くステンレススキンの900番代は異色の存在でした。
  汽車会社が製造し旧称号のサロ95 901、902として落成したことからも分かる通り、サロ153でも初期車に分類され、153系発祥の地である大垣に新製配置。大垣持ちの153系準急列車に運用され、「東海」の写真も残りますが、白眉は159系と組んだ「ながら」でした。修学旅行の需要がない時期に「こまどり」のスジで運転された準急ですが、159系には2等(1等)車が存在しないため、専らサロ153 900が充当されました。
 その後、準急列車は急行への格上げで国鉄線上から姿を消し、サロ153も113系用サロ110へと転用された結果、900番代もサロ110 900へと改造され、後に冷房化されています。この時代には巣連レス生地から湘南色に塗装されているのがちょっと残念ですねぇ。キットの価格は70,000円+税。ご希望の方は11月15日までにEメールでご予約ください。