新製品」カテゴリーアーカイブ

ホキ5700第二弾…今度はちょびっと全国区?

ホキ5700…関東だけでは片手落ち(?)なので第二弾は小野田セメントで使用された形態のタイプBです。日本セメントでも同系車が運用されましたが、大型の手摺と重力式の吐出口が小野田とは異なります。タイプBの特徴は両端の空気抜口ハッチが小型になり、エアスライダー用空気配管が2本。吐出口形状もチチブセメントのものとは異なり、タイプAではブレーキシリンダーの両側にあったブレーキテコは今回のタイプBでは1エンドと2エンドに分かれています。また梯子等の細部形状も異なります。タイプA同様にデッキ手摺は原型としました。

前回製品化したタイプAは300輌近くが製造されたホキ5700最大勢力ですが、このBタイプも和43年~45年に大量に製造され、100輌を超える勢力となっています。後年まで運用されていた三岐の東藤原(後天的に中央ハッチ付近が改造されています)が有名ですが、本州では関東圏の厚木(相模線)や巴川口(清水港線)、九州では金田(伊田線→田川線)、津久見(日豊本線)などに常備されるなど、東日本から九州にかけて広範囲に運用されました。九州では蒸機牽引の写真も多く残されています。

ホキ5700タイプBキットの価格は
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税
となります。キットには金属線、ビス、台車(Models Imon TR41指定)、カプラー等が含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は12月6日(日)までにコチラを御一読の上、Eメールでご予約ください。

オロネ10キット…数輌がまとまった場合に再生産します

最初にオロネ10を生産して以来15年。3タイプを作りましたが、ここ最近、再生産を希望するお客様がちらほらいらっしゃるため、ご希望の方を募り、数がまとまった場合のみ、再生産することに致しました。






昭和31年から製造の始まった10系寝台車ですが、当時はハネの両数拡大が第一義で、ロネは多数在籍した戦前からの優等寝台車と戦後増備したマロネ40/41で賄う方針でした。その後、戦前車の老朽化と寝台列車の増発からオロネ10が昭和34年に登場します。同時期に製造されたナロネ21と多くの設計を共用し、20系同様冷房用ダクトが通る高くて深い屋根のため、オロネ10は他の10系客車と大きく異なる印象の車輌でした。寝台配置は1950年代の2等寝台(→1等寝台→A寝台)として代表的なプルマン式で、この寝台配置は1980年代までの標準的なものです。
オロネ10は製造年度によって細かく内容が異なりますが、車体外観では
a) オロネ10 1〜67 非常口窓のない原型
b) オロネ10 1〜67 a)の更衣室窓を非常口に改造したもの。昭和38年以降
c) オロネ10 68〜91 最初から非常口が設けられているもの
となります。b)とc)では非常口形状が異なります。
FABでは過去各タイプを製作しましたが、今回、生産を考慮しているのはb)の非常口改造車で、輌数的に全輌数の70%以上を占め、ぶどう色2号、青15号ともに存在して中庸を得ていることから、このタイプとしました。EG車/蒸機暖房車は作り分けが可能です(EG部品は別売)
またオロネ10は当初の発電動器(円柱形)が1970年代にはインバーター仕様(角形)へと改造されていますが、旧製品同様、今回も注文時にどちらのタイプかを選んでいただくことにしました。

製造に至った場合のキットの価格は59,000円+税となります。ご希望の方は11月15日(日)までにご希望の輌数/発電動器のタイプをEメールにてお知らせ下さい。今回は数がまとまった場合のみ生産を開始するため、11月15日以降のキャンセルはご容赦ください。生産数がまとまった場合/まとまらなかった場合の如何を問わず、お申し込みの方には11月16日(月)に状況をお知らせいたします。

ホキ5700…FABハイブリッド貨車シリーズ第4弾です

 レサに始まり、コキ、ワキ/スニ/スユと、しぶとく続くFABハイブリッドシリーズ。第4弾は下板橋ヤード前の模型屋として避けて通れないホキ5700です。川崎のタキ1900と40tセメントホッパーの市場を分け合った日車のホキ5700ですが最初のロットは35tホッパーの流れを汲む凡庸なデザインでした。それが1966(昭41)年に登場した量産車になるとタンク体剥き出しの一目見たら忘れられないスタイルとなります。
 V字状のタンク体は補強のチャンネルだらけ…真鍮で組み立てるのは修行になるのでインジェクションを採用しつつ、繊細さも求められるホッパー上部や台枠は真鍮の組立。床下のエアスライド用の空気配管や吐出口などはキャスト品満載になりました。

 ホキ5700製造時の主な納車先は秩父、小野田、日本セメント。650輌が長年に渡って増備されたために様々な形態がありますが、今回第一弾で発売するホキ5700タイプAはホキ5700最大の顧客、秩父セメント向けに量産初期〜1970(昭和45)年まで製造されました。大きめのハッチが3つ並び、エア配管は4本。ブレーキシリンダー脇に両ブレーキテコがあり、タンク底部の補強板はV字型。首都圏でホキ5700というと、まずこのタイプが頭に浮かぶと思います。八高線のD51、DD51もこれですね。手摺は後に保安度向上改造されました。


















Wester Wiese西野さん撮影。EF16+EF15は上越国境の象徴ですね😉 私はホキばかり連ねた編成のイメージが強いですが、ジェネラルフレイトにも数輌が紛れ込んでることも間々ありました。




















こちらも上越線。タキ1900と呉越同舟(?)のEF64牽引セメント専用列車。上越線にもスジがあったんだなぁ。ダムでも造っていたんでしょうか。

ホキ5700タイプAキット価格は
単品35,000円+税
2輌組65,000円+税
5輌組145,000円+税
10輌組250,000円+税
となります。キットには真鍮線、ビス、台車(Models Imon TR41指定)、カプラー等が含まれておりません。注文生産となりますので、ご希望の方は10月31日までにコチラを御一読の上、Eメールでご予約ください。この後もホキ5700各タイプを始め、エアスライドホッパーを製作していく予定です。

2軸貨車第三弾: スム1/ワム20000キットを製作します

 スム1は大正15(1926)年にワテ45000として登場した鉄側有蓋車です。ワム3500のモデルチェンジ版として約4,000輌の大所帯となり、形式名はワ45000を経て昭和3年称号規定改正でスム1となりました。ワム3500の木製部分を鋼板で置き換えた車輌ですが、部材の薄さだけ広くなる荷室を考慮し高さを100mm低めてワム3500と容積を揃えています。

 台枠は当初から自連を考慮したものでワム3500とは各部寸法が異なるために製品でも新規で製作となりました。走り装置は嵩上げされたシュー式で、板バネ長はワム3500の1200mmに対し1100mmmとなっていました。スム1の最終グループ500輌は木製内張りを設け、一段リンクを装備したワム20000として登場しています。

 スム1はヨンサントオ時点で1500輌近くが残存していましたが、無改造のまま北海道に封じ込めとなり昭和40年代後半の終焉を迎えています。私鉄では東武、西武、秩父、長野電鉄、関東鉄道、三岐などにも同系車(もしくは払い下げ車)が存在しました。一方、ワム20000は車輌不足からヨンサントオで260輌が高速化改造の対象となり二段リンクに改造され、昭和54(1979)年まで残存しました。木造車に比べて補修が容易な鉄側が長命の理由だったのだと思われます。

■スム1原型キット
軸箱守はアングルを組み合わせた原型。戦前に止まらず戦後も更新されずにこの形態を長く止めた車輌も存在し、私鉄の在籍車は多くがこの形態のままで昭和40年代まで使用されていました。価格は36,000円+税となります

■スム1更新キット
漏水で腐食した側板下部にパッチを当てた昭和30年代〜40年代に多く見られた形態。腐食の進行に合わせて様々な大きさの当て板が見られますが、標準的なものを模型化。軸箱守はプレスの新型。価格は37,000円+税となります

■ワム20000キット
スム1同様に見えますが、縦柱にある内張留めボルトがワム20000の特徴。スム1のシュー式に対し一段リンク(ヨンサントオを前に二段リンク改造)の走り装置を持ち、軸箱も大型です。価格は36,000円+税となります

各キットともビスや線材など一般的に手に入る部材は含まれておらず、指定車輪も別購入となります。スム1/ワム20000キットご希望の方はコチラを御一読の上、10月8日(木)までにEメールでお申し込みください

WWから5500コンテナ搭載のチキ5000が登場

 Wester Wieseから5500コンテナ(5000形5500番代)搭載のチキ5500(後のコキ5500)キットが登場します。亀甲の5000コンテナと並び「たから」運行開始時に製造された最初の量産コンテナのひとつが5500で、屋根の肩に小さなRが付いているのが特徴です。構造的に弱かったと言われていますが、新色になったものも存在するので案外長く使用されたコンテナでした。

 製品のプロトタイプは初期量産車のチキ5500~5573、その後のチキ5574~5601も同じ外観を持っており、更にチキ5602~6333 も台枠の穴が一個少ないなど、ほぼ同じ外観を持っています。実車同様デッキ部への踏段は初期の物と、後に改造された大形の物が選択出来る仕様
 また、5500コンテナを5個搭載するタイプ以外に6000コンテナと7000コンテナを搭載したタイプも再生産、今回は1輛入りと2輛入りの2種が用意されています。5500コンテナはブラス製、他のコンテナはプラスチックインジェクションとなります。

 最も華やかだった時代の1種コンテナ5個積みの状態では台枠以下は見えなくなってしまうため、製品ではこれまでのチキ/コキ同様に本来存在しない床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。両タイプ共に各コンテナが5個付属します。

Wester Wiese製チキ5500キットをご希望の方は8月2日までにご希望のタイプや個数をEメールにてお知らせ下さい。発売は9月初旬頃を予定しています。*キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。

Wester Wieseキハ11キットのお知らせ

Wester Wieseの10系気動車シリーズにキハ11キットが登場です。増結用だったキハ10に対し、単行運用のために便所を設置したのがキハ11で、後のキハ20以降の両運気動車の標準となりました(除:キハ30)。この便所の設置のために助手席側の乗務員室扉が極端に前方へ寄せられています。模型では。このために専用前面製作ですね。
今回発売のキハ11は2タイプ。Aタイプ25輛のうち1〜16は1955(昭和30)年末から1956年(昭和31)年初頭に道北に新製配置され、後続の寒地対策を強化したキハ11 100番代とともにキハ22投入まで北海道で使用されました。17〜は1956年(昭和31)年夏に製造。北海道から転属した初期製造車と合わせて東日本を中心に一部は西日本で運用されました。価格は52,000円+税となります。

Bタイプは1956(昭和31)年夏以降の製造で同年度のキハ17同様、警笛が屋根上へ、運転台の通風器が屋根上から前面窓下へ、デッキ上の通風器が両押込式に、便所窓をHゴム化し通風器を新設、便所部分のウインドシルの廃止など、細部が変化しています。単行用なので、本州、四国、九州いずれの地域のローカル線で目にすることが出来ました。価格は53,000円+税となります。

Wester Wieseキハ11キットはイモンギア、IMONNミニモーターなどが別途購入となります。カプラーは、標準のKD711、イモンカプラーなどに対応しています。また別売のキハ11/12椅子セットは4,100円+税となります。キット購入ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールにて6月30日までにご予約ください。またご希望の方は椅子セットも同時にご予約ください。たくさんのご予約、お待ちしています。