新製品」カテゴリーアーカイブ

Wester Wieseチキ(コキ)5500キットが登場です

 固定編成が前提だったチキ5000を全国展開させるのに当たり、解結を考慮して車体延長とデッキ取り付けを行ったのがチキ5500です。1965年(昭和40年)にコンテナ車の称号変更でコキ5500となっていますが、店主世代はやはりコキ5500の方がピンと来ますね😊 コキ5500は形態を変えて増備されていますが、縦梁の多い一位と二位で異なる側梁を持つコキ5500はこのチキ5500由来の初期に製造された車輌だけです。新製直後から「ほっかい」「こがね」「ゆたか」「西たから」さらに「たから」の増発と、この貨車のお陰で北海道から九州までコンテナ車が初めて行き渡ることになりました。

チキ(コキ)5500: 5100コンテナ搭載車

 製品のプロトタイプは5500〜5573、5574〜5601等で、5602〜6333もほぼ同様の外観。デッキの踏み段は初期の小型のものと、保安度向上で大型化された2種類の作り分けが可能。Wester Wiese/FABの他のコンテナ車同様、コンテナ5個積み前提で本来存在しない床板にウェイトを兼ねて真鍮板を使用して90g前後の車重を確保。牽引しやすく、走行安定性の高さを目指しています。
チキ(コキ)5500: 6000コンテナ搭載車

 発売されるのは搭載するコンテナ5個が付属した3タイプ。チキ5000以来お馴染みの5100搭載車と国鉄標準コンテナとなった6000搭載車は2輌セットで、7000コンテナ搭載車は単品での販売となります。

■チキ(コキ)5500: 5100コンテナ搭載車2輌組 48,000円+税
■チキ(コキ)5500: 6000コンテナ搭載車2輌組 40,000円+税
■チキ(コキ)5500: 7000コンテナ搭載車単品 26,000円+税
※発売は7月下旬頃を予定しています。キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。

本製品は注文生産となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで6月24日(日)までにお申し込みください。

「第二たから」等を再現出来る様。追ってワキ1やワムフ100の製品化も予定があるそうで楽しみです。店主の場合「北海」「北たから」と妄想しますが、何輌買えばいいのか…う〜ん天文学的数字になりそうな…💦

まだまだ続きますよ急行電車。今度は169系です

 165系に続いて1/87で初の製品化となる169系キットの登場です。もはや説明の要もありませんが、EF63との横軽協調運転可能な初の電車として165系900番代が昭和42年に登場。それまで電車は8輌に制限されていた同区間で12輌運転を実現し、昭和43年から量産に移されました。
 165系をベースとしているため、多くは略同なのですが、EF63との協調用に床下機器やジャンパ栓に差異が見られます。電磁弁が2連になっていたり、協調装置の箱がついてたりと碓氷のための装備が好きモノにはたまりませんです😊 
 今回は冷房準備車の冷房搭載後と新製冷房車を作り分けられるように模型化しています。900番代は…新前橋車は使い道に困る、と言いつつ欲しいんですが、どうしましょう💦 サロとサハシは後ほど発売です。

 信越方面に出かけることの多かった私は165系列の中でもっともお世話になったのが169なのですが、「志賀」、「信州」、「妙高」とどれもが思い出深い列車です。
 とくに「志賀」。屋代駅の渡り線を無理矢理(?)長野電鉄に入り、鄙びた線路を走り始めると山登りやスキー気分が高まったものでした。
「志賀」の指定席は上野発の「下り」は「みどりの窓口」で買えたんですが、「上り」は長野電鉄内始発なので湯田中駅で着席券を売っているというトリッキーなもの。「下り」で湯田中に到着した時に忘れずに後日の「上り」の着席券を買っておかないと席にありつけなかった記憶が…なんでもネットで済んじゃう今時では考えられない話ですねぇ。
 169系があればとうぜん次はEF63ですが、こちらも来年以降になんとか(^^ゞ

■クモハ169
EF63と繋がる横軽協調の要となったクモハは開磁接触器が搭載され、ただでさえスペースのない床下がさらに満載状態。KE70ジャンパ栓もクモハ169の証明です

■モハ168
165→169でもっとも変化が少ないのがモハ168。同時期に製造されたモハ165冷房準備車/新製冷房車と同形態です

■クハ169
165と異なり169は中間車と先頭車が連結されることがなくクモハと同数のクハが製造されました。クモハ同様前頭部に予備笛がつき、シャッター付きタイフォンです

165系と異なり、169系は編成の中で中間車と先頭車が連結することがない綺麗な編成が特徴でしたね。定番は 上野←Mc+M’+Ts+Ts+Tb+Tc+Mc+M’+Tc+(Mc+M’+Tc)→長野 で、カッコ内の3連は「志賀」になったり、つないでいなくて9連だったり、時には上野-高崎間の増結だったりしたこともありました。横軽対策で編成が逆を向いているのは165の新前橋車と同じです。

価格はクモハ、クハが65,000円、モハが53,000円となります。キットには車輪、動力、ビスなどは含まれておらず別購入となります。製品は注文生産のため、ご希望の方はコチラを御一読の上、6月11日(月)までにEメールでお申し込みください。発売は7月から8月を予定しています。

 

もうひとつの石炭車…セサ500

 国鉄の石炭車ならともかく、この貨車を製品で作るとは…。セサ500は1925(大正14)年に、かの北海道炭礦汽船(北炭)が作った私有ホッパ車です。当初は坑道充填用火山灰を運ぶための18t積みでオテハ、オテハフを名乗りましたが、改称や増炭改造の末、1933(昭和8)年に23t積みのセサ、セサフに。さらに緩急車もセサに改造された結果、32輌という私有石炭車としては大勢力となり、炭鉱鉄道末期まで生き残りました。

 

 セサ500といえば頭に浮かぶのは北炭系の夕張鉄道ですね。旧型貨車保存図鑑という素晴らしいサイトに夕張のセサ500の綺麗な写真があります…北海道炭礦汽船」と「夕張鉄道借入車」…おっ、二本線の国鉄直通認可車ですな。どこまで国鉄線上を走ったんでしょう。広田尚敬さんの「昭和三十四年二月北海道」には列車に組み込まれた写真があります。

 同じサイトには夕張から6輌が移動(返却車輌もあるなど諸説あり)したというご近所の真谷地の写真も。こちらは「炭砿汽船株式会社 真谷地砿」ですね。坑道充填の土運用に増炭板を撤去してセラに先祖返りしています。さらに北炭が開業させた天塩炭礦鉄道。開通に合わせて1941(昭和16)年、夕張にいた15輌が移籍しました。記憶の中の鉄道には、すべてが終わった側線に佇む姿 …なんとも言えない寂寥感ですが、この貨車を希望される方は私を含めてこんなシーンにも模型心を刺激される方ではないでしょうか。
 
 見た目はセキ600の炭箱上部を切り取ったようなスタイルなので妻にある手ブレーキや開閉ハンドルのステップ位置が下がりますが、側扉の蝶番は8個と他に類を見ないもの。台車もセキ600のTR18と同形状ですが、こちらは私有化車らしく短軸。しかもセキ600はコイルスプリングをリーフスプリングに改造していますが、セサ500は最後までコイルでした。またしても専用台車…^_^; 

 セサ500キットは2輌セットで50,000円+税になります。他の石炭車に比べて値段が上がってしまいましたが、他に使えない独特の台車に免じてお許しください。キットにはビス、真鍮線、カプラーなどは含まれていません。ご希望の方はコチラを御一読の上、5月28日までにEメールでお申し込み下さい。

165系冷房車その2…クハは20種類になりました😮

 冷房を装備することで165系中、一番の変化を遂げたのがクハ165。大形MGを搭載されて、サロを除く他車に電源を供給する冷房化の要となりました。それに合わせた水タンクは当初、山側(偶数車基準)に移設されましたが途中で海側に変更されるなど、元々のバリエーションに加えて様々な仕様が生まれています。さらに冷房化の際にクハ165は片栓化され偶数向き固定が標準となりましたが、少数ですが奇数向きも存在して…今回作ることになったのは20タイプ😓 これでも全てのタイプを作れているわけではないのですが…。
*クハ165は再生産を予定していますが、その際には価格が上がる可能性があります。購入を考慮されている方は今回の購入をお奨めします。クハ164は…153系作るときまで待って下さいね🙇🙇


■クハ165 A-3:クハ165初期車をAU13を使って冷房改造。昭和44年4月までの初期改造分は水タンクを山側に搭載。台車はDT32原型で雨樋が短いタイプです。ヒューズ箱は一枚蓋タイプ

■クハ165 A-4:上記A-3タイプ同様に昭和44年4月までのAU13冷房改造車特有の水タンク山側搭載が目立つタイプ。ヒューズ箱は分割蓋になっているタイプです。

■クハ165 A-5:初期製造車のAU13冷改で最も輌数が多かった昭44年5月以降に改造された水タンクを海側に搭載したタイプ。台車はDT32原型でヒューズ箱は一枚蓋

■クハ165 A-6:A-5同様初期車を昭44.5以降に冷房改造した海側水タンクですが、分割蓋のヒューズ箱を搭載。これも良く見かけたタイプでした。


■クハ165 A-7:冷改時にクハ165は片栓化され多くが偶数向き固定になりましたが、これはモハ165対応で奇数向き固定となったタイプ。雨樋短、DT32原型、1枚蓋ヒューズ箱

■クハ165 A-8:A-7同様奇数向き固定のクハで、昭和44年5月以降改造のため本来水タンクは海側ですがA-7、A-8タイプでは奇数向きのため山側です。雨樋短、DT32原型、ヒューズ箱分割蓋

■クハ165 B-3:その後の標準となった長い雨樋ながらも台車が初期車同様TR69原型の昭38年度民有車~昭39三次債務車。昭和44年4月までに冷改したタイプで山側水タンク。一枚蓋ヒューズ箱

■クハ165 B-4:B-3同様、雨樋長、TR69原型装備でやはり昭和44年4月までの冷房改造車特有の山側水タンク。こちらはヒューズ箱が分割タイプのものとなります


■クハ165 B-5:昭38年度民有車~昭39三次債務車の冷改で昭和44年5月以降の改造で海側水タンクとなったもの。雨樋長、TR69原型、一枚蓋ヒューズ箱です

■クハ165 B-6:B-5同様昭和44年5月以降の冷房改造で水タンクは海側。TR69原型ながら雨樋が長い車体で、ヒューズ箱の蓋が分割タイプとなっているものです

■クハ165 C-3:もっとも輌数の多い雨樋長、TR69B装備ですが、昭和44年4月までの初期の冷房改造で、山側水タンクとなっているのは少数派でした。C-3タイプは一枚蓋ヒューズ箱です


■クハ164 C-4:C-3同様AU13冷房改造初期の独特の山側水タンク。こちらはヒューズ箱が分割蓋となります

■クハ165 C-5:クハ165冷改車で最も輌数の多い昭和44年5月以降に改造されたタイプ。雨樋長、TR69Bで海側水タンク。ヒューズ箱は一枚蓋のタイプ


■クハ165 C-6:C-5同様、クハ165で最も馴染みのある装備ですが、ヒューズ箱は分割蓋。分割蓋のタイプは暖房接触器蓋も段付きになります

■クハ165 C-7:Cタイプは雨樋長、TR69Bと多数派ですが、このC-7タイプは奇数向き固定。昭和44年5月以降の改造で、本来海側の水タンクは山側に。ヒューズ箱は一枚蓋

■クハ165 C-8:C-7同様にモハ165対応で奇数向きとなった雨樋長、TR69B装備の車輌。ヒューズ箱蓋は分割タイプ。こちらも水タンクは昭和44年5月以降改造の奇数向きのため、山側です。


■クハ165 D-3:冷房を考慮していないクハ165では最後に作られたFRP水タンク装備車。ヒューズ箱は一枚蓋です。FRP水タンクの原型車は昭和44年5月以降の改造車だけでした。

■クハ165 D-4:FRP水タンクを海側に搭載するのはD-3タイプと同じですが、ヒューズ箱が分割蓋となり、段付きの暖房接触器を装備した車輌です


■クハ165 E-1:冷房準備車の冷房装備後と新製冷房車が作れます。最初から大形MG搭載を考慮していたためFRP水タンクは車体中央。冷改車と異なるベンチレーター配置で、前頭部には予備笛を装備し、タイフォンはシャッター付きとなっています

■クハ165 E-2:冷房準備車の冷房装備後と新製冷房車のうち奇数向き固定となった車輌。FRP水タンクは車体中央搭載。E-1同様ベンチレーター配置が冷改車と異なり、予備笛、シャッター付きタイフォンも同様です

価格はクハ165各タイプとも63,000円+税となります。上記キットは車体、台車、床下機器などが含まれますが、車輪、ビスなどは別購入になります。

クハ165冷房車は注文生産です。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで5月7日までにご注文ください。発売は6月〜7月を予定しています。

165系冷房車その1であります

  原型車に続いて165系冷房車の登場です。あまりにもタイプが多すぎるので、最初はクモハ165とモハ164のご紹介。面倒くさがらずにこの難解なタイプ分けを読み解いて、ご希望のタイプを見つけ出していただかなければなりません🙄 これでも冷房改造初期のAU12/AU71搭載車は作っていないので、全タイプというわけではないんですが…。冷房改造前の予算年度による各形態などはコチラを参考にされてください。
*モハ164 800、モハ164 500は追って発売になります。その際にクモハ165などの再生産も行いますが、価格が上がる可能性があります。ご購入を考慮されている方は今回の購入をお奨めします。

■クモハ165 A-3:初期製造車をAU13で冷房改造したタイプ。台車はDT32原型で雨樋が短いタイプです。ヒューズ箱は一枚蓋タイプ

■クモハ165 A-4:A-3タイプ同様の装備ですが、ヒューズ箱は分割蓋になっているタイプです

■クモハ165 B-3:雨樋が延長されながら、台車は初期製造車同様にDT32を履くタイプ。ヒューズ箱は一枚蓋

■クモハ165 B-4:B-3タイプ同様に初期製造車から雨樋が延長されたもので、分割蓋のヒューズ箱を載せたものです


■クモハ165 C-3:もっとも輌数の多い、雨樋が長く、改良型のDT32Bを装備した車輌。一枚蓋のヒューズ箱がつきます


■クモハ165 C-4:C-3同様に一番見かけたタイプで、ヒューズ箱は分割蓋となっています

■クモハ165 D-3:Cタイプの発展型で、水タンクがFRPの円柱型。ヒューズ箱一枚蓋のタイプです


■クモハ165 D-4:D-3同様、冷房搭載を考慮されない最後の時期に作られたタイプで、分割蓋のヒューズ箱を載せています


■クモハ165 E:冷房準備車および新製冷房車。ベンチレーター配置が冷房改造車とは異なります。また前頭部には予備笛が取り付けられ、タイフォンはシャッター付きとなりました
■モハ164 A-3:初期製造から台車変更までDT32装着のモハ164をAU72で冷房改造したタイプ。ヒューズ箱は一枚蓋

■モハ164 A-4:A-3同様DT32原型装備で、ヒューズ箱が分割タイプとなっているものです。モハA-3、A-4はクモハA-3、A-4、B-3、B-4に適合します

■モハ164 B-3:昭和39年早期債務車以降の台車が改良型のDT32Bとなった車輌。一枚蓋ヒューズ箱

■モハ164 B-4:B-3同様にDT32装備ですが、分割タイプのヒューズ箱を搭載しています。モハB-3、B-4はクモハC-3、C-4に適合します


■モハ164 C-3:コンプレッサーがC1000 x 2基からC2000 x1基に変更されたタイプ。ヒューズ箱は一枚蓋

■モハ164 C-4:C2000搭載でヒューズ箱が分割タイプとなっているものです。モハC-3、C-4はクモハC-4、C-4に適合します。

■モハ164 D-3
さらに近代化が進み、水タンクがFRPとなったタイプ。ヒューズ箱は一枚蓋のものになります

■モハ164 D-4
FRP水タンク、ヒューズ箱が分割蓋。モハD-3、D-4はクモハD-3、D-4に適合します。

■モハ164 E:ベンチレーター配置が冷房改造車と異なる新製冷房車。モハ164普通屋根には冷房準備車は存在しませんでした。

上記キットは車体、台車、床下機器などが含まれますが、車輪、ギア、モーター、高圧ヒューズ箱、ビスなどは別購入になります。価格はクモハ165各タイプとも63,000円+税、モハ164各タイプとも53,000円+税となります。
冷房化前の原型もご希望があれば追加生産いたします。コチラのクモハ165、モハ164原型クハ165原型の各タイプからお選びの上、ご注文ください。価格は前回から据え置きになります。

クモハ165、モハ164冷房車は注文生産です。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで5月7日(月)までにご注文ください。発売は6〜7月を予定しています。

石炭車…今度はセキ600を作ります

 セキ1を4種類作らせていただきましたが、「まだまだ足りん!」と思ってしまうのは人間の業ですな😓 というわけで、1924(大正14)年から製造されたオテセ10500→セキ600。その後のボギー石炭車の標準となった30t積み車であります。






 セキ1(というよりオテセ9500→11000ですね)の増備として作られただけに車体は増炭後のオテセ11000に近く、以降の基本となりました。新製当時の北海道の自連規格に合わせた端梁は後に高さ変更でセキ1同様切り欠かれています。ただしセキ1とは全長全幅が微妙に違い、細部も異なっている他、開戸のギアボックスとリンクの取り付け方法などは大変更されています。

 私がセキ600を欲しかった理由のひとつはTR18。セキ1が履くアメリカンな印象のTR17に比べ、同じアーチバーながらクイーンポスト下部は円弧を描く優雅なデザインです。この台車からは長軸になるなど、多くの要素がTR20に受け継がれました。製造時はコイルスプリングでしたが、リーフに改造されているのはセキ1のTR17と同じ。新製配置以来ほとんどの車両が北海道で使用されましたが、一部が伯備線の石灰石輸送用に転じています。

 300輌が作られたセキ600ですが、1950年代終わりからホキ1への改造が始まりました。それでも1966(昭和41)年の国鉄貨車両数を見ると36輌が在籍。この翌年の1967年に残存車を雄別鉄道に譲渡して国鉄での用途廃止ですから、黄帯のセキ600は存在しなかったことになります。雄別では廃線まで使用されました。9600やD51の運炭列車に組み込まれた写真はお馴染みですが、印象に残るのは雄別埠頭線で9200に牽かれている竹中さんの写真。頼りなさそうな築堤と橋梁をいく9200と華奢なTR18をつけたセキ600は落日の哀愁に溢れています。

 セキ600も修繕で様々な形態がありますが、今回製作したのはオリジナルのリベットが残り、三角形のアングル補強が入ったタイプです。価格は2輌セットで46,000円+税。ご希望の方はコチラを御一読の上、4月27日(金)までにEメールでお申し込みください。