既発売製品」カテゴリーアーカイブ

キハ44700の勇姿!😊

 お客さまのキロキロさんが、Wester Wieseから発売されたキハ44700×3輌を完成させられました! キハ51ではなく旧塗装の44700で名ナコ…関西本線の看板列車だった「準急かすが」ですね。これに現在製作中(?)であろうキロハ18が加われば完璧! と勝手に想像してしまいましょう。いや、いいですね〜♥️
 気動車の山岳区間運行の可能性を切り開いた車輌ですが、狭い車体幅のキハ17系列の床下に頑張って2エンジンを詰め込んだ形態は車体が細長く見えて欧州の車輌のような印象です。キハ50ほどじゃないですが、実際にも車体が長いんですが。これで加太越えのD51との離合でも作れば…とどんどん妄想が広がる素晴らしい仕上がりです。次回作も期待であります!(^.^)

石炭車インレタ再生産しました

 昨年から今年にかけて、続々と石炭車を製作した割りには、インレタが在庫切れのままでした🙇
 ご要望もいろいろ頂き、私も作っている石炭車の分が足りなくなってしまったので、今回、1年ぶりに石炭車インレタを再生産です。
 内容は前回と同じもので、セキ1、セキ600、セキ1000、セキ3000、さらにセサ、ホキ1まで各種貼れるようになってます。昨年、このインレタを買った人はその後にどんな石炭車が発売されるのか、お見通しだったのでは?😓  
 北炭や夕張まで入ったこのインレタ1枚で4輌は貼れると思いますが、他のインレタの数字とかを流用すれば、もっとイケちゃうかも。
 価格は2,500円+税になります。今回も多めに製作していますが、ご希望の方はお早めにメールか店頭で。さすがに3回目の生産はお約束できないです💦

165/167/169系再生産についてです















 昨年から各種生産してきた165系/167系/169系ですが、新規や買い足しのご希望があるため、既発売製品の再生産をお受けします。各車種の説明は以前のもののリンクが下記にあります。またサロ、サハシなど下記リンクにない車種をご希望の方はご相談ください。春以降は153系の生産となるため、165系列は今回が最後になります。ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで1月25日(金)までにお申し込みください。価格は据え置きです。よろしくお願いします。

クモハ165原型 モハ164 0原型
クハ165原型
モハ164 800原型/冷房
クモハ165冷房 モハ164 0冷房
クハ165冷房
167系原型
169系冷房

びっくり! 松川さんさすがぁ(^.^)

松川さんが早くもセキ1を完成! しかもAタイプ、Bタイプ揃ってレタリングまで入って石炭も積んでます〜😵

それにしてもけっこうなお手前。自分でキットを作りながらも感心カンシン。こうやって作っていただくと元気が出ますね! 気をよくしてセキ1の続編の図面も進めています。近々公表させていただきますよ〜。松川さんの製作記は幌歌内ブログ にて!

新作客車2種の組立見本です


DSCF08172月に発売になったオロ42の完成見本です。それにしても独特なスタイルです。
モノコックの10形へ移行する端境期だけにヘッダー類は姿を消し、狭窓が優等車を主張します。
それよりなにより、これにしか使えない曲げ形で製作側泣かせのこの車体断面。
DSCF0819
それまでの深い屋根から軽量客車への移行期だけに独特の低い屋根Rで、10形よりよっぽどヨーロピアンであります。これこそオロ42。

東京発の九州、山陽、山陰、、関西行き急行や中央線の準急などと使い道は広くありませんが、購入された方はぜひ、この異色の2等車(1等車)を楽しんでください。

一方、こちらはマニ37。台枠+柱の在来工法DSCF0813(?)の客車では最後の登場(改造ですが)。青く塗られたことで目立ちますが、形態も…。

それまでの荷物車と異なり、パレット輸送のためにホーム高に合わせた荷扉の低さが特徴で、こうして模型を眺めても荷扉の開口部の低さ(裾の部分が狭く、逆に下がった分だけ幕板部が広い)がやたらに目立ちます。それとマニ37は種車のバリエーションがやたらにあり、種車の窓割りや車体構造が反映されていて面白いのですが、2月に発売したのはスロ50改とスロ60改。

このうちスロ60改は有名な「きのこ妻」。誰が言い出した知りませんが言い得て妙。たしかにこの妻板、きのこに見えます。私はさらにスハ32系列改造のマニ37も欲しいところですが、これは工房ひろの月井さんにお任せです。早く出してね〜(^^)v
DSCF0815

 70年代前半からは急行に投入された14系座席車などとの併結を行うため、関西地区のマニ37は一部が200番台に改造されました。その種車になったのも、このスロ50/60改造のマニ37。FABではこの200番台に改造するためのパーツ(新型電池箱、電磁弁など)も発売しています(2,200円+税)。ご希望の方はお知らせ下さい。で、14系座席車は? う〜ん、作るなら寝台のが先ですよねぇ。