HOスケール初の修学旅行電車製品? 167系が登場です

 165系シリーズ(と勝手に命名(^^ゞ)の第5弾は167系。時代の象徴だった修学旅行用電車の最後を飾る車輌たちです。153系ベースの先達と異なり、1965年(昭和40年)からの製造なので基本は165系。特急車並みに客扉幅を狭めて着席定員を増やす修学旅行用電車の定石を踏みますが、季節列車の使用を考慮して室内設備は165系と略同。従前の修学旅行用電車はパンタグラフ折りたたみ高さを下げるために屋根全体を低屋根としていましたが、167系では165系800番代同様M’のパンタグラフ部のみを低屋根としています。

■Tc165同様に両栓で登場したTc167。下関車は当初デフロスター無です



 第一陣4連x8本が関東地区に投入され、翌1966年度には山陽地区に投入された167系ですが、最初に田町に配属された1〜4の4ユニットはM’にC1000を2基搭載するのに対し、下関に投入された車輌はC2000 x 1基と母体の165同様の進化を見せています。また田町新製配置のTc1〜8はデフロスターを装備しましたが、下関の9〜は当初デフロスターがありませんでした。

M’166 1〜4 CPはC1000 x 2基

M’166 5〜は165の進化同様にC2000x1を搭載



 東京-下関の「わかくさ」「わこうど」、下関 – 京都の「友情」、下関 – 広島の「なかよし」などの修学旅行用列車で運用されましたが、修学旅行用列車と同じスジで長駆、東京-下関を走る季節臨急行「長州」も。充当されたのは下関区の4+6の10連。東京発が347Mより早い20時台で遠くへの撮影行には嬉しい列車ですが、私は末期の昭和48年に乗りました(^^)v 運転時期によっては165系との併結もありましたね〜模型的に面白そうです。

165ではMcが主流でしたが167では制御器等はM167に搭載です

 臨時列車では田町区の167系が中央東線の「アルプス」「たてしな」、東海道の「伊豆」、それに上越のスキー臨などに使用され、1975年3月の修学旅行用列車全廃の後は下関区の車輌は田町、宮原に二分されて臨時列車や集約臨などに使用。宮原に転じた167系は中央西線の「ちくま」「くろよん」やスキー臨が知られています。私の記憶に残っているのは繁忙期の中央線や信越線の165系8連には4連の167系が増結されていた(信越は上野-高崎のみとのことです)こと。湘南色と修学旅行色の混成もオツであります。その後冷房化、湘南色化され165系と混成されるようになります。

ご要望があれば冷改車も製作します。Tc偶数はMG搭載が目立ちますね。修学旅行色のまま冷改された車両もありました

 今回模型化したのはもっとも活躍した修学旅行色の原型時代。田町区は8連もしくは12連、下関区は10連(8連もあり)が基本だった時代です。M’はコンプレッサーの違いで2種類を用意しました。注文生産となりますので、ご希望の方はコチラを御一読の上、Eメールにて9月30日(日)までにお申し込みください。ご要望によっては冷房車も製作しようと考えています。ご希望のある方はEメールでご相談ください。
■価格
クハ167 Aタイプ(原型) 67,000円+税
モハ166 Aタイプ(原型 C1000 x 2) 68,000円+税
モハ166 Bタイプ(原型 C2000 x 1) 68,000円+税
モハ167 Aタイプ(原型) 55,000円+税