C62 23で溢れ出すアドレナリン!

 Pinecone Productsの松川さんがC62を仕上げてくれました。23号機はC62にとってだけでなく日本の蒸気機関車にとって最後の特急、昭和42年9月30日の6レ「ゆうづる」を牽いた機関車です。
 山陽本線の電化そして東北本線「はくつる」牽引機がDD51に変わったことで消えた蒸機特急は昭和40年10月に常磐線の「ゆうづる」で復活。昭和42年10月の電化までという期限の切られた2年間に平区のC62が投入されたわけですが、その詳細は交友社のSL No.9に記されています。

 平-仙台151.3km。アップダウンが伴うルートを現車13両換算41両の「ゆうづる」はノンストップ2時間15分で走破しました。その5年前の「はつかり」でさえ2時間20分。誕生から20年近くが経つC62で平均70km/hに迫る運転を不安視する声が多かったというのには頷けます。
 停車駅が多いとはいえ震災前の651系で1時間59分。50年以上前の蒸機による2時間15分がいかに過酷であったことか。

 私より一世代上の方は早朝ギリギリの撮影可能時間帯を狙って平詣でを繰り返されたそうで、松本さんの名文を読み返すたびにワクワクしますが、私の時代にはC62特急はもとよりC62急行さえ消滅してしまっていただけに、常磐線で繰り広げられたハドソンの競演は神話の世界です。

 そのC62特急を目の前で再現できるのが模型の良いところですが、私は松川さんに仕業番号「1」を入れてもらいました。平機関区SL甲組仕業番号1は平-5レ-仙台−6レ−平。庫から出てから帰ってくるまでわずか5時間22分。その間、特急だけを牽引する栄光の仕業でした。そしてこの仕業に専ら充てられていたのが平の最好調機、C6223。煙突が少し短いC62 23と20系を前に今日は至福のひとときであります。さぁ、20系塗らなくちゃ!

石炭車インレタ発売です

  セキ1を作ったら、松川さんに「もう市場にはインレタがないんですよ!」と言われまして、それではと石炭車用インレタ(といっても北海道限定に近いですが)を作ってみました。
 セキは各形式を入れてトータル4輌分作れるほか、せっかくなので、私が妄想中のホキやセサも入れてみました。欲張りついでに北炭や夕張も。製品が出ない場合は自作で是非!(^^;) 
 価格は2,500円+税になります。多めに製作していますが、品切れの際はご容赦ください。

 
 

2月の店舗営業日です

2月は第一週がお休みです
2月10日(土)13:00〜17:00
2月17日(土)13:00〜17:00 *工房ひろ月井さん出勤日(^.^)
2月24日(土)13:00〜16:00!!(都合により16時で閉店させていただきます)

WWキハ17等のシートが発売されます

WWでは積極的にキハ17系列の気動車を模型
化していますが、内装用のシートが発売になります。ホワイトメタルのシートとエッチングのシート取付板のセットですが、シートピッチが無限と思えるほどのキハ17系列には嬉しいところ。価格/タイプは表の通りとなります。

 取付板の関係で入手難になるものもあるかも知れませんので、確実な入手には予約をお奨めします。ご希望の方はコチラを一読の上、Eメールでご予約ください。

WWチキ5000(コキ5000)キットのお知らせです

 もうひとつのコンテナ車の王様の登場であります。*個人の感想です。
 無蓋車搭載はともかく、日本初のコンテナ車として昭和34年に華々しく登場したチキ5000の製品化です。魚腹が側梁と側板を兼ねた今日にまで続くパッケージングの第一弾で、EH10の牽引する「たから」は絵本に必ず登場しましたね。
■5100コンテナ搭載車

「たから」は次々と増発されましたが、「第一たから」はチキ5000だけの編成でエースの風格十分でした。昭和40年にコンテナ車は「チ」から「コ」へ標記が代わり、チキ5000もコキ5000に変更。翌41年には全車コキ5500へと改造されて形式消滅となりました。
■6000コンテナ搭載車

5100! これを満載した列車こそコンテナ列車の刷り込み

 台車はオリジナルTR63。やはり両抱きブレーキは威厳があって良いです。突放を考慮していないため、後のコンテナ車のようなデッキはなく、側梁につく手ブレーキは国鉄時代はチキ5000だけの装備でした。「たから」の主力コンテナは5000個以上も量産された6000ですが、独特な形態で国鉄広報写真で我々が刷り込まれた5100もついに発売されます。ロストで…とか妄想したことはありますが、重量を考えると、これはインジェクションじゃないと成立が厳しいコンテナですね。ついに出るんだなぁと感慨無量であります。

 既発売のコキ10000、5500後期形同様、コンテナ5個積みで台枠は見えなくなってしまうため、製品では床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。両タイプ共に各コンテナが5個付属。発売は4月上旬頃を予定しています。価格は5100コンテナ搭載車2輌セットが49,000円+税、6000コンテナ搭載車2輌セットが45,000円+税になります。ご予約ご希望の方はコチラを一読の上、Eメールで2月25日までにお申し込みください。

1/87コキ19000キットの予約受付を開始しました






 コンテナ貨車の王様の登場です!*個人の感想です
 コキ19000は20ftコンテナを搭載するフレートライナー用として1969年に製作されました。海上コンテナと同じ規格を持つC900、C901などの20ftコンテナと10ftコンテナ両方を搭載可能とし、さらに40ftも積んでやろうという着脱式の締結装置を開発。海上コンテナが10ft用締結装置を跨いで搭載されるため、全高を限界内に収めるように車体はコキ10000より90mmローダウンされています。完成と同時に20ftコンテナの需要がある汐留~梅田間に投入され、後に汐留~東広島間でいずれもコキ10000と一緒に組成されました。

 製品は3輌セットになりますが、試作要素の大きいC900系のコンテナはエッチング+ロストです。片開きコンテナのC900は天枠の太いものと細いものの2種類。両開きのC901は鋲接、溶接、鋲溶接の3種類。C900の天枠の太いタイプが2つ入るので合計6個です。10ftコンテナはプラ製の6000が付属します。

 コキ19000はコキ10000と異なりコンテナ搭載状態で台枠が見えるため、床板をカットして取り付けるための台枠パーツと、さらに凝りたい方のために空気配管と電気配管の図面が付属します。20ft用締結装置は多数派だったツイストロック。価格は3輌セットで76,000円+税となります。

 また今回はコキ19000と組成するために必要なコキ10000、コキフ10000も再生産します。前回製作したタイプはすべて製作可能ですが、再掲するにはタイプが多すぎるため、詳細や金額は前回の広告をご覧ください。

コキ19000/コキ10000/コキフ10000をご予約希望の方はコチラを御一読の上、Eメールで2月7日までにお申し込みください。