153系MM’ユニット冷房車です

 原型のモハ152+モハ153に続き、冷房改造後のモハ152+モハ153ユニットの予約受付を開始します。153系は165系より遅れて昭和44年度から冷房化が行われたため、165系で確立した手法での改造です。床下機器配置に余裕のあるクハに110kVAのMG を搭載し、自車を含め最大4輌まで給電。3相引き通し回路が新設されたため、各車にKE5ジャンパ連結器が取り付けられました。冷房装置はモハ152がAU72を搭載する以外はAU13で、165系のようにハザにAU12を搭載した車輌はありませんでした。
 急行用としては峠を越えた後の冷房化ですが、「伊豆」「東海」「山陽」など記憶に残る列車もあります。そして、それ以上に記憶に残るのは「新快速」用として多数の153系が白に青帯の専用塗装となり、京阪神間で大活躍したことですね😊 153系冷房改造車は急行よりも案外、新快速の方がイメージに残っている方が多いかも知れません。模型的にも6連でまとめやすいだけに、次に発売となるクハ153 0、クハ153 500とともにお奨めです。新快速塗装のMM’ユニットは下記D、E、Fすべてのタイプが存在しました。

■モハ152+モハ153 Dタイプ(1〜65):主電動機冷却風を床下から導風する1〜65までの初期車の冷房改造車です。台車はDT24。モハ164同様にM’がAU72を一基搭載し、冷房化後でも風口のないMR16抵抗器の車輌が多かったモハ153はAU13搭載でした。MR16C、DT24Aに変更された車輌をご希望の方はご注文の際にお知らせ下さい。


■モハ152+モハ153 Eタイプ(66〜81):157系での成功から主電動機冷却風を、埃、雨や雪の影響を受けにくい妻板のダクトから導風する形に改め、台車をDT24Aとした中期車とも言うべき66〜81のユニットを冷房改造。抵抗器は初期車同様にMR16です。


■モハ152+モハ153 Fタイプ(82〜161):後期にはさらに改良が進み、中期車の装備に加え、抵抗器中央にMG用風口を設けたMR16Cを搭載することになりました。このタイプは153系M車の製造輌数の半数を占めた多数派でした。新製時の避雷器は〜98がLA13、99〜がLA15です。ご予約時にご希望のタイプをお知らせ下さい。




153系冷房改造車は各タイプとも105,000円+税となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、ご希望のタイプ、数輌をEメールにて3月12日(火)までにお知らせ下さい。

3月の営業日です

3月は毎土曜日営業できます…それでも月に5日間の営業…あまり自慢できる話ではないでねぇ(^^ゞ

3月2日(土)13:00〜17:00
3月9日(土)13:00〜17:00
3月16日(土)13:00〜17:00
3月23日(土)13:00〜17:00*
3月30日(土)13:00〜17:00
*3/23は工房ひろ月井さんが店頭にいます。キャスト品をはじめご質問はこの日に!

高速貨車シリーズ第三弾…ワキ10000丸屋根車

 レサ10000、コキ10000と作ってきた10000系三羽烏ですが、残ったワキ10000を製作します。10000系貨車の一族として電磁ブレーキ、空気バネ台車を装備する最高速100キロの有蓋車は、パレットとフォークリフトによる荷役などの新しいコンセプトを持ち、昭和40(1965)年に試作車が登場。翌年から製造された初期の量産車(10001〜10040)は丸屋根を持ち、軽量化のためのアルミ側板と黄緑の鋼製部分の組み合わせがトレードマークでした。今回はこの丸屋根のコキ10000を模型化します。

 TR203、床下の電磁弁や床下端にある密着自連用の締切コックなど、高速貨車ならではの装備を持つワキ10000は100キロ運転のために通常はコキ10000とだけ組成され、一般の貨車との連結は運用末端のみでした。東海道、山陽本線を始め運用範囲は北海道から九州まで及んでいます。後に丸屋根のワキ10000は集中的にワキ50000(コキ50000併結用)に改造されています。

 製品はこれまでの10000系貨車同様にハイブリッド構造の車体、床下、台車を含みますが、当店製品の通例でビスや真鍮線などは含まれていません。価格は…
○ワキ10000初期車 単品キット 40,000円+税
○ワキ10000初期車 2輌組キット 77,000円+税
○ワキ10000初期車 10輌組キット 365,000円+税
 注文生産となりますので、ご希望の方はコチラを御一読の上、3月5日(火)までにEメールでお申し込みください。発売は5月を予定しています。

さて、果たして誰がどこで?

FABに代々伝わる名画の数々…30年か25年くらい前から所蔵されているペン画があります。以前は飾っていたのですが、部屋の改装以来、ものおきに仕舞い込み、偶然にも先週発掘された2枚の絵。蒸機時代の九州ですが、たしか皇室関のお仕事もされていた画家の方が趣味で描いたものだったという朧気な記憶。C57の方には「光雄」というサインがあります。
 門デフのD60 57は実はD60 67ではないのか、とか、私が勝手にD51と思い込んでいた後ろのカマはC58だろう(私の時代には九州北部のC58のイメージがありません)とか、昨晩、藤井さんが謎解きのお手伝いをしてくれました。
C57の方は17号機ではないかと、これまた藤井さんのご教示です。精密画というわけではないのですが、機関車に限らず、駅構内や背景、人物など、なんとも言えない味がある絵です。キューロクなどあと数枚あったはずですが、まだ発見できていません。
 さて、この北九州の機関車の絵。いったい誰がどこを描いたものか? しばらく店に飾っておこうと思いますので、ご覧になりたい方は是非。皆さんのご意見がありましたら、ぜひ当店FaceBookに書き込んでくださいね。

良い子の153系講座?

 153系。悩ましいです。165系車体流用の目論みは窓柱位置やドアエンジン点検蓋位置などやんごとなき理由で脆くも崩れ、さらに101系の床下機器をけっこう使え…ませんでした…。
 キャスト品(それも大きなもの)は原型製作などコストがかかるので、使い回したい最たるパーツですが、この抵抗器を見て下さい。101系とモハ153初期〜中期車のMR16抵抗器は一見同じなのですが、よく見ると抵抗器を納めるケースの蓋が153の方は二分割になり、さらに下端が101系はR付き、153は直角(断面図参照)と、なんとも憎らしいけど、見過ごせない差があります。しかも101系と同じのを積んでる車輌もいます!
 さらに153後期車のMR16Cは抵抗器部分は蓋を含めて101系と同じだけど、中央にあるMGに風洞
がつくだけでなくダクト形状も違う…結局、101系の抵抗器は諦めて潔く新規で抵抗器2種類を製作であります。この調子で作って行くと結局、床下機器は全部作るハメに!?
 しかも次に作りたい157系も抵抗器は3種類あり、おまけに153系の流用はできない形状…シビれます(泣) 「新性能電車は床下機器、ほとんど同じだから」って言ったの誰ですか!!

ついに153系登場です!まずはM’+Mユニットから

 先行した通勤形モハ90形、同時開発の特急車モハ20形と共通の電装や動力装置を持つ準急用モハ91形として1958年(昭和33年)に登場したのが153系です。裾絞りの車体にデッキ付2扉クロスシート、ユニット窓に空気バネ台車など、その後の標準となる基軸が盛り込まれていました。新製配置は大垣、宮原、田町の東海道主要三区のみ。東京−名古屋−大阪の準急を手始めに、特ロやビュフェを組み込んだ急行編成に発展し、千葉とイレギュラーな上越方面等を除けば、東海道山陽及びそのフィーダー線に終始した形式でした。

 今回の製品は側板ぎりぎりに迫るユニット窓サッシをはじめ、好評をいただいた既発売の165系同様の構成です。車体もそのまま使えれば世話はないのですが、165と153では窓柱位置が最大0.5mm異なり、ドアエンジン点検蓋位置の高さなど一目で分かる違いが多々あります。製品化第一弾はモハ152+モハ153原型車。153系唯一の電動車ユニットは昭和33年から昭和37年までのわずか3年半に161ユニットもが製造されましたが、短期間の割りにちょこちょこ細部が改良されています。
*冷房改造車は追って発売します。

※153系のDT24について…TR59も同様です。
 153系前期車はDT23の板厚を変更したDT24を履き、中期車以降はボルスターアンカーの揺枕側に三角形のカバーがつくDT24Aを採用しました。このカバーはDT24を履く初期車にも取り付けられた(もしくは振り替えた)例があるため、ご希望の方にはモハ152+モハ153 AタイプにDT24Aの組み合わせも可能です。ただし、同時期の157系では第一製造ロットのDT24が、第二ロット以降のDT24A同様の形状になることなく最期を迎えており、153系も改造例は多くないのではないかと想像します。

■モハ152+モハ153 Aタイプ(1〜65):モハ91001〜45(奇数車)002〜046(偶数車)として登場した23ユニットを含む1~65の初期車。主電動機冷却風口を床下に持ち、前位妻は両側に窓がありました。台車はDT24で、モハ91偶数車(モハ152)は本邦初のPS16装備。モハ91奇数車(モハ153)の抵抗器は101系と同じMR16ですが、抵抗器ケース下端にRがなく直角になっているなど微妙に異なる形態。後に中央部に風口が追加されたMR16Cに改造(載せ換え?)した車輌も存在します。キットはMR16装備ですが、MR16C希望の方は注文時にお申し付け下さい。

■モハ152+モハ153 Bタイプ(66〜81):抵抗器はMR16ですが、台車がDT24Aに変わった66〜81の中期車とも呼ぶべきタイプ。前位妻窓片側は風口が取り付けられ、この方式はその後の標準となりました。ただし153系のダクトは以降の急行型や近郊形より小型で、装着位置も高くなります。

■モハ152+モハ153 Cタイプ(82〜161):中期タイプからさらに改良が加えられ、抵抗器がMR16Cに変更されたのが後期車です。急行用に大量に装備されて153系のM車で最大のグループとなりました。MR16CはMG風口が設けられただけでなく抵抗器部分の蓋部分のガラが異なり、下端にRがついたものになりました。82~98は1〜81同様に避雷器がLA13ですが、99〜はLA15Aとなっています。キットはLA15A装備ですが、ご希望の方にはLA13をセットします。ご注文の際にお知らせ下さい。

 モハ152+モハ153原型車キットはAタイプ、Bタイプ、Cタイプともに100,000円+税。車輪、モーター、駆動装置、ビスなどは別購入となります。ご希望の方はコチラを御一読の上、2月20日までにEメールでご予約ください。製品のお渡しは4月中旬~下旬を予定しております。