Wester Wiese戦災復旧客車の第一弾です

70系系列の戦災復旧客車は種車も3軸ボギー台車の優等車あり、17m国電ありとバラエティに富んでいますが、Wester Wieseから戦災復旧車シリーズの第一弾が発表になりました。電車の台枠を再利用した客車の一群ですが、いろいろ楽しめそうな車種を揃えています。


■スニ73:魚腹台枠からモハ30が種車であることが明らかなオハ70を荷物車改造。いかにも戦災復旧車の外観が泣かせます。価格:46,000円+税

■スニ75 Aタイプ(103、104など):モハ50(クモハ11 400番代)、つまり鋼体化電車を盛岡工場で復旧。側梁を切らずに車端の面白い位置に扉を設けています。価格:46,000円+税

■スニ75 Bタイプ(2015):やはり50系電車の復旧車で内側にトラス棒が残っている珍しいタイプ。後に電暖が取り付けられるなど、長く活躍しました。価格:46,000円+税

■マニ72:昭和24年度に復旧された車輛で、一見、普通の客車のような整った外観を持っていますが、電車が出自だけに微妙な窓の高さ…電暖が取り付けられた車輛もおり、ヨンサントオ頃まで現役でした。価格:47,000円+税

 戦災復旧車は独特なベンチレーターを持っていますが、今回は新規で製作。よく作ったなぁ😳 キットは台車が別購入でカプラーは、Kadee711、イモンカプラーなどに対応。ご希望の方は11月4日までにEメールでお申し込みください。発売は12月中旬予定です。