Wester Wiese トム11000

昭和10年代の代表的な無蓋車トム19000を戦時体制の資材節約バージョンとして、あおり戸と妻板を木製化したのが今回製品化されたトム11000です。基本的にはトム19000から継続生産された車であるため、下回りはトム19000同様で一段リンクの下回りを持ちます。

1940(昭和15)年に1721輛が製造され、昭和18年には戦時の増トン改造されましたが、戦後残った1586輛がトムに復元されました。また昭和30年頃から、側ブレーキの手すりが横位置から縦位置へと変更されましたが、全車は改造されなかったようです。

トム11000Aタイプ
側ブレーキ用手摺横
単品24,200円(税込)
2輛組43,560円(税込)

トム11000Aタイプ
側ブレーキ用手摺縦
単品24,200円(税込)
2輛組43,560円(税込)


昭和30年代になると新型の17t積みトラが続々と登場したことから廃車が進み、ヨンサントウでは高速化不適合車とされ、残存していた200輛程は北海道に封じ込められましたが1970年頃に消滅したようです。

製品は、当時の貨車の標準形である八種軸受を新規に製作するなど意欲的なもので、入れ換え用側ブレーキ手すりでAタイプ(横)、Bタイプ(縦)の2タイプを製品化。踏段は原型と昭和40年代の新形両方に対応。カプラーや車輪は別購入になります。

本製品は注文生産になります。ご希望の方は10月31日までにEメールでお申し込みください。発売は11月を予定しています。またトム19000の車体を戦後木製化したトム39000と、トム11000の戦時形であるトム50000も製品化予定とのことです。