WWから5500コンテナ搭載のチキ5000が登場

 Wester Wieseから5500コンテナ(5000形5500番代)搭載のチキ5500(後のコキ5500)キットが登場します。亀甲の5000コンテナと並び「たから」運行開始時に製造された最初の量産コンテナのひとつが5500で、屋根の肩に小さなRが付いているのが特徴です。構造的に弱かったと言われていますが、新色になったものも存在するので案外長く使用されたコンテナでした。

 製品のプロトタイプは初期量産車のチキ5500~5573、その後のチキ5574~5601も同じ外観を持っており、更にチキ5602~6333 も台枠の穴が一個少ないなど、ほぼ同じ外観を持っています。実車同様デッキ部への踏段は初期の物と、後に改造された大形の物が選択出来る仕様
 また、5500コンテナを5個搭載するタイプ以外に6000コンテナと7000コンテナを搭載したタイプも再生産、今回は1輛入りと2輛入りの2種が用意されています。5500コンテナはブラス製、他のコンテナはプラスチックインジェクションとなります。

 最も華やかだった時代の1種コンテナ5個積みの状態では台枠以下は見えなくなってしまうため、製品ではこれまでのチキ/コキ同様に本来存在しない床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。両タイプ共に各コンテナが5個付属します。

Wester Wiese製チキ5500キットをご希望の方は8月2日までにご希望のタイプや個数をEメールにてお知らせ下さい。発売は9月初旬頃を予定しています。*キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。