WWキハ51キット予約受付を始めました






キハ17系列で2エンジン車として量産されたキハ51がWester Wieseから発売されます。1エンジン車では非力で勾配線の運用に苦慮したことから国鉄は昭和29年にキハ50を試作しますが、皆さんご存じの通り巨大な車輌になってしまい、その経験から生まれたのがキハ51です。キハ50の長大な車体ほどではないですが、さすがに2エンジンはキハ17そのままの車体には納まらずに全長は20,600mm。窓がひとつ多い外観は優雅な印象を与えます。

新製当初から御殿場、関西線などの山岳線を中心に投入されましたが、常磐線の準急運用も初期のキハ51では忘れられない運用。御殿場線はキハ51の巣窟でしたが、電化によって東北、北陸などに散り、私の中では盛岡で田沢湖線、花輪線、それに会津、小海線、大糸線というところがイメージ。カッコいい気動車ですね〜。

製品は各時代の姿を再現出来るパーツが入り、キットの他にはイモンギア、IMONミニモーターなどが必要になります。
価格は50,000円+消費税。ご希望の方はコチラを御一読の上、11月22日までにEメールでお申し込みください。発売は12月予定です。