WWチキ5000(コキ5000)キットのお知らせです

 もうひとつのコンテナ車の王様の登場であります。*個人の感想です。
 無蓋車搭載はともかく、日本初のコンテナ車として昭和34年に華々しく登場したチキ5000の製品化です。魚腹が側梁と側板を兼ねた今日にまで続くパッケージングの第一弾で、EH10の牽引する「たから」は絵本に必ず登場しましたね。
■5100コンテナ搭載車

「たから」は次々と増発されましたが、「第一たから」はチキ5000だけの編成でエースの風格十分でした。昭和40年にコンテナ車は「チ」から「コ」へ標記が代わり、チキ5000もコキ5000に変更。翌41年には全車コキ5500へと改造されて形式消滅となりました。
■6000コンテナ搭載車

5100! これを満載した列車こそコンテナ列車の刷り込み

 台車はオリジナルTR63。やはり両抱きブレーキは威厳があって良いです。突放を考慮していないため、後のコンテナ車のようなデッキはなく、側梁につく手ブレーキは国鉄時代はチキ5000だけの装備でした。「たから」の主力コンテナは5000個以上も量産された6000ですが、独特な形態で国鉄広報写真で我々が刷り込まれた5100もついに発売されます。ロストで…とか妄想したことはありますが、重量を考えると、これはインジェクションじゃないと成立が厳しいコンテナですね。ついに出るんだなぁと感慨無量であります。

 既発売のコキ10000、5500後期形同様、コンテナ5個積みで台枠は見えなくなってしまうため、製品では床板に真鍮板を使用してウェイトを兼ね、車重は90g前後と安定した走行に過不足ない数値となりました。キットにはカプラー、入手しやすい真鍮線、ビスなどは付属しておりません。両タイプ共に各コンテナが5個付属。発売は4月上旬頃を予定しています。価格は5100コンテナ搭載車2輌セットが49,000円+税、6000コンテナ搭載車2輌セットが45,000円+税になります。ご予約ご希望の方はコチラを一読の上、Eメールで2月25日までにお申し込みください。